コンドルネット新聞バナー
e-SHINBUN新聞プリントサービス

● 競輪歴54年のコーナー

平成31年03月17日

平成31年3月17日
防府3日制記念トラック支援は、ガールズ決勝は佐藤水菜の優勝で、こゝ一番に脆い高木真備はレースをさせて貰えず。2着には調子悪いと言い続けてた大久保花梨で3着に長澤彩で高配当。
S級決勝は事故点直近110点の高久保雄介は男らしく前を取り、青板バックから宮本隼輔を突っ張り先行。これで7月は斡旋停止。すかさず自力に転じた河端朋之を山本伸一が合わせた処を中団で溜めていた桐山敬太郎が2角捲りで優勝。付いて行けると期待した竹内智彦は千切れた事で、荒井崇博が2着で山本伸一は3着で終了。
今日のヒットは8Rの小橋秀幸の1着で2・3着も北で独占はボックスを奨めてたので当り、そして10Rの島田竜二の1着も。
売り上げは日曜の最終日で単独開催であれば17億は最低でもと思ったのに15億台で終わった要因は7車立てで並びも無いガールズ決勝を11Rに持って来た事かと、企画レースと同じ6Rにすれば11Rで落ちず、その勢いでS級決勝も売れて35億は行ってたと思います。
尚地元のホープ宮本隼輔は死ぬレースをやらなかった事は称賛。これからの競輪界を背負って立つレーサーは常にファンのために勝利を優先する事は大事、間違いなく天下を取れる器です。

防府トラック競技支援の2日目は土曜日と言う事で、10億を越え、これで昨年の小松島トラック競技支援を上廻ったそうです。最終日は日曜日でほゞ単独開催なら16億~18億が見込まれる計算、目標の33億は軽くオーバーする計算。これは施行者の頑張りと執念、3日間本当にお世話に成りました。
地元紙の久米さんには今回も何から何迄お世話に成っただけでなく、防府OBの方には何時もお土産を貰い恐縮してる次第。防府・広島の取材ばっかりだったら最高ですが、間違いなく血糖値は上がり放しだと思います。ありがとうございました。
2日目は迫力満点のレースばかり、ガールズも手に汗を握るレース内容。最高に光ったのは地元ルーキー宮本隼輔の底知れぬパワー、輪界にニュースターの誕生です。
最終日も売り上げアップのために推奨選手を。
1R、斉藤由紀。
2R、紺野哲也。
3R、伊藤信から倉野隆太郎。
4R、津村洸次郎。
5R、坂田章。
6R、佐藤朋也。
7R、一戸康宏。
8R、小橋秀幸。
9R、千葉コンビ。
10R、島田竜二。
11R、内村舞織。
12R、宮本隼輔と桐山敬太郎。
そして夜遅くは小倉ミッドナイトの2日目、初日は8割近くが◎○で決まりました。

● 開催日程

平成31年03月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1 玉野競輪場
瀬戸の王子杯争奪戦
別府競輪場
ジャパンカップ・日刊スポーツ杯
松山競輪場
金亀杯争覇戦
前橋競輪場
サンケイスポーツ杯

防府競輪場
国際自転車トラック競技支援競輪
名古屋競輪場
大垣競輪場
ウィナーズカップ

福井競輪場
サンケイスポーツ杯越前春の海賞



小倉 東スポWEBカップ ミッドナイト 九州スポーツ杯 ナイター チャリロト杯 ミッドナイト 第1回小倉濱田翁カップ
久留米 日本モバイル照明杯 ナイター

● 注目の最新情報

facebookウォール