コンドルネット新聞バナー
e-SHINBUN新聞プリントサービス

● 競輪歴54年のコーナー

平成29年10月21日

平成29年10月21日
熊本記念(久留米)の3日目は、生憎の天気と裏でFⅡ開催が4ヶ所、そして衆議院選挙前日では、年金効果もゼロで、番組の力で準決勝は本命の3連発だったのに、13億を割ったのは施行者・JKAの責任でなく、現在の情勢だと思ってますが、どうでしょうか。
最終日は台風21号の影響で大雨の予報では17億~18億の攻防かと、目標の55億には届きませんが、52億には。
選手は全員が「熊本競輪の再開を祈ってます」の有難い言葉、これが市長の耳に届かない事は無いでしょう。運命の日「11月8日」には「再興に向けてやって行こうと思ってます」と市長には声明文を出して貰えると信じてます。
番組の手腕で決勝戦は特別並のメンバーに成りました。私の本命は期待度込めて「熊本魂」の継承者、中川誠一郎の完全Vで熊本記念連覇。後は御存知、義理と人情の小倉竜二。強敵は深谷知広・浅井康太の中部コンビ。茨城の武田豊樹・吉澤純平は師弟。古性優作・南修二は大阪のド根性コンビ。一匹狼が似合うのは苦労人、小松崎大地の大激戦。
雨でも私は朝10時の解説会はやりますので、早目の御来場を期待します。


熊本記念は武雄共同杯同様、超大型台風21号の影響に恐れ戦いているのが実情。
21日の土曜日は雨風でも一応大丈夫ですが、問題は売り上げが見込まれる最終日、台風が近付く事での大雨に強風が日本列島に予報されてる事。影響は最小に喰い止めて貰わねば。今回の売り上げが来月8日に発表される熊本競輪存廃に悪影響を及ぼすのではと心配してるのは私だけでなく、熊本の選手に、熊本競輪を愛するファンに全国の選手達。11月8日は運命の日に成りそうです。
競輪界は少しずつ動いてます。早朝8時50分からスタートして午前0時前に終了するモーニングセブンは何ケ所かで開催され、3日間で1億1千万越えで成功。何故なら終えた後に何処かの場外発売がやれる利点があります。
その延長が来年度の記念開催。川崎は4・6月にナイターで、函館も2度開催されるでナイター記念に踏み切りました。こちらも昼間にFⅠ開催をやれるで昼夜を足しての売り上げの計をJKAは考えている模様。
そしてもう一つ、来年度から実践される小倉競輪祭、6日制のナイターGⅠ。その骨子を説明して貰いました。妙案が沢山ありそうで楽しみです。
結果は終わってから判断すれば良い事で、何でもいゝから一歩踏み出した事に意義があると言うもの、これをキッカケに懸案と成ってるルール・制度の見直しにも着手して欲しいもの。
ファンのためになら、日程よりもこっちの方が大事。そうしないと本当に終わってしまう気がして成りません。

● 開催日程

平成29年10月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1
燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦
取手競輪場
レジェンドカップサンスポ杯

前橋競輪場
寛仁親王牌・世界選手権記念

別府競輪場
第10回ヤクルト杯
千葉競輪場
第10回滝澤正光杯







立川競輪場
平塚競輪場
湘南ダービー
小倉 富士通フロンテック杯
ナイター
久留米 エンジョイスピードパークNR ナイター 火の国杯争奪戦

● 注目の最新情報

facebookウォール