コンドルネット新聞バナー
e-SHINBUN新聞プリントサービス

● 競輪歴54年のコーナー

平成30年08月14日

平成30年8月14日
平オールスターは2年連続、昨年は15日の年金支給を前に終了した反省を踏まえて、初日は15日で最終日は19日の日曜日ならば間違いなく昨年より売り上げはアップすると思いますが、不安は今年の競輪界で下げ止まりは何時に成るのか予測不能な状況。私が訴えて来た事をせめて2つでもやってくれたらこゝ迄はなかったと思いますが。この道50年近く、それもファンを相手に直接商売をして来たから言える事。机上の空論ばかりではダメなんです。
ファンの事を第一に考えるなら、赤板もしくは鐘前の落車・失格選手に対する払い戻しは当然でしょう。それでファンの信頼を得る事が出来れば安い物じゃないんですか。
ルールの方は、若い選手を育てるなら誘導早期追い抜きの重注は撤廃するか、やるなら現在の形態を考えて走注扱い。
そしてもう一つ、ゴール前の内線秒数ルール、プロの審判なら一杯で退避してるかどうかの見極めぐらいは出来るでしょう。
これだけ改善するだけで自力型はドンドン伸びるし、ニュースターの誕生は可能に。
それから113期の斡旋も変、救世主の出現を待望してるなら学校成績上位者はなるべくぶつけない様にするのがこれ迄だったのに、誰が提案したのか故意に上位者をぶつけてる現実、これでは2班に昇班するのは星のつぶし合いで1年掛かる事に。それではダメでしょう。
オールスターに話は戻して、前検日に調子悪いからダメですと正直に言ってくれたのは、川崎ナイター決勝で鎖骨々折して2週間の小川真太郎だけ。「すぐに手術をしたけど、入院してたので練習は3日ぐらいでは。その他の選手は「オールスターに備えてました」ばかり。
1次予選の番組はこれ以上ないぐらい超マンネリ、コメントを聞くのも簡単で、これなら昨日今日記者をした者でも予想は簡単なら多くのファンは「又これか」では新鮮味も無いし、本命で入っても配当は低いし、だからと言って決まる保証もないなら様子見る事にするかに成る恐れも。売り上げが上らなかったら努力不足の番組の責任と思います。
1R、九州、これは贔屓目もあって。
2R、桐山敬太郎。
3R、清水裕友。
4R、近藤隆司。
5R、松浦悠士。
6R、竹内雄作。
7R、山崎芳仁。
8R、鈴木庸之。
9R、早坂秀悟。
10R、湊聖二の2・3着。
11R、観るレース。

● 開催日程

平成30年08月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1
松戸競輪場
燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦



川崎競輪場
アーバンナイトカーニバルナイター


いわき平競輪
オールスター競輪





小田原競輪場
北条早雲杯争奪戦


瑞峰立山賞争奪戦
場外2







四日市競輪場
西日本カップこにゅうどうくん杯
豊橋競輪場
F1ジャパンカップ中スポ昇竜杯

















小倉 ギラヴァンツ北九州杯 ナイター オッズパーク杯 ミッドナイト 楽天・Kドリームス杯 ミッドナイト 富士通フロンテック杯 ナイター 富士通フロンテック杯
ミッドナイト
久留米 日本名輪会C第18回 戸上守杯 エンジョイスピードパークNR ナイター

● 注目の最新情報

facebookウォール