コンドルネット新聞バナー
e-SHINBUN新聞プリントサービス

● 競輪歴54年のコーナー

令和元年11月15日

令和元年11月15日
今日からは武雄FⅠ佐々木昭彦杯の初日。専務が取材に行ってます。何時も通り全レースが狙い目、しっかりした解説と予想をしてるのでご利用下さい。
終ったらいよいよ小倉競輪祭。前半3日間は昼間に久留米FⅠがあり、リレーナイターに成ってます。久留米には息子を取材にやり、私は小倉で仕事してそのまゝ競輪祭に突入します。
今年の競輪祭の売り上げ目標は、昨年が108億と言う事で、110億との事。厳しい数字ですが、頑張るのみ。昨年と違うのは主役を務めた脇本雄太・新田祐大・深谷知広のナショナルチーム組がワールドカップの関係で欠場するのと、ボートレースのSG、それもナイター(桐生)でまるかぶりしてる事。昨年通り108名のS級戦士は初日~3日目迄にトライアルを2戦して4日目に突入。
1回戦は1着10点、2着9点、3着8点で、7・6・5・4・3・2・1点の順。
2回戦は1着13点で、2着11点、3着9点と成り、4着以降は1回戦と同じ。
昨年の例なら15・16点あれば2次予選Bに、ダイヤモンドの9名は合計で21点は必要かと。
2次予選Aは準決勝に4着権利で、Bは2着権利ならば、選手は1回戦で大叩きしても2回戦で頑張れば2次予選には行けるし、1回戦で好走しても2回戦で頑張らないと2予A・ダイヤモンドに行けないのでトライアルは全員が全力勝負。
ガールズはAとBに分けて、普段のガールズケイリンと同じ方式、A・Bの優勝者は立川ガールズグランプリ出場が決定します。
賞金で決定的なのは、児玉碧衣・石井寛子・石井貴子(千葉)。残り4人は大激戦。これに東京五輪を狙う小林優香が参戦する事でより充実、男に負けない女の闘いが期待出来る前半の3日間。
今年の男は、誘導早期追い抜きのペナルティで山崎賢人・山田庸平がアウト、小埜正義は先頭から5秒以上遅れてゴールしたペナルティで11月が斡旋停止。武田豊樹は岐阜記念の落車。芦澤大輔・鈴木裕・椎木尾拓哉・小原太樹も落車で重傷のため欠場した事で、補欠の8人全員が正選手に上がりました。この8人は「運」があるので狙いかと。
グランプリの賞金レースも興味津々。決まってるのはGⅠウィナーの中川誠一郎・脇本雄太・新田祐大・村上博幸。賞金で佐藤慎太郎・清水裕友。ほゞ大丈夫は平原康多・郡司浩平ですが、9番目の松浦悠士が決勝に乗り、4着内に入り、平原康・郡司浩の何れかゞ乗れなかった時は逆転。松浦を除いた、決まってる6人の中から優勝者が出たら、松浦も決まる事に成ります。

● 開催日程

令和元年11月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
場外1 防府競輪場
周防国府杯争奪戦
岐阜競輪場
岐阜新聞・岐阜放送杯




京王閣競輪場
関東カップ「後閑信一杯」
武雄競輪場
日本名輪会C第8回佐々木昭彦杯







松戸競輪場
東出剛MCin松戸



オランダ王国友好杯
場外2





四日市競輪場
泗水杯争奪戦ナイター




















小倉 ケイドリームス杯 ミッドナイト 朝日新聞社杯競輪祭 ナイター ケイドリームス杯争奪戦 ミッドナイト
久留米 KEIRINフェスティバル

● 注目の最新情報

facebookウォール