コンドルネット新聞バナー
e-SHINBUN新聞プリントサービス

競輪歴54年のコーナー
平成年  月 

平成29年08月22日

平成29年8月22日
豊橋記念の最終日は前半からスンナリは決まりませんでしたが、良かったのは落車・失格がゼロだった事。オールスターからは各地で落車が続いていたので、喜ばしい事でした。
決勝は赤板で出た深谷知広は逃げる積もりで踏んだ事で、鐘前から来た岡山コンビを出し、スンナリ3番手をキープ。脚を使う事でこれをやれるから深谷は凄いんです。
阿部大樹の仕掛けに合わせて1角スパート。師匠の金子貴志はキッチリ抜き久々の記念Vで競輪祭の特選シードを決めただけでなく、
最高に良かったのは吉田敏洋が今月締め切りの競輪祭の出場を3着で決めた事。準決終了後に「競輪祭の権利を持たないからラストチャンス」と言ってたので、泣きたかったのでは。
だからと言って前の2人にプレッシャーを掛ける事はせず、必死に3番手を固めた結果。1・2着した金子・深谷より高松宮記念杯で鎖骨々折後だっただけに、嬉しさも「ひとしお」だったのでは。
明日は和歌山FI場外発売の初日。今夜は岸和田主催・小倉ミッドの最終日に成ってます。

平成29年08月21日

平成29年8月21日
豊橋記念の3日目はこれが年金効果なのか12億近く売った事で3日間で約40億、これで最終日に16億行けば目標はクリヤーですが、15億でも成功なのでは。
最終日の決勝は、深谷知広が一番前で金子貴志・吉田敏洋の先輩を連れて行くのではが私の狙いです。
今回も狙い目はよく的中しました。
最終日も狙ってるので、大いにコンドルを利用して下さい。
夜遅くは小倉ミッドナイトの2日目。そして明日は和歌山FⅠの前検日が私の仕事です。

平成29年08月20日

平成29年8月20日
豊橋記念の2日目は弥彦FIが昨日で終えた事もあり、日曜でやっと15億5千万強、2日間で28億弱に成った事で目標の56億が見えて来たのは事実ですが、3日目の組み合わせは最終レースのみが本命で決まりそうでも、その他は穴の匂いがプンプン、それで売り上げが伸びたら番組の組み方も変わって面白いんですが、どう成るんでしょうかね。
2日目の狙い目はヒント以上だったでしょう。そこで3日目も、
1R  内田英介
2R  矢口大樹
3R  藤田昌宏
4R  重倉高史
5R  佐藤佑一
6R  村上直久
7R  松本大地の2・3着
8R  茨城コンビ
9R  西村光太
10R 河端朋之
11R 渡邉雄太・阿部大樹
そして夜は小倉ミッドナイトの初日、こっちは全レース自信ありです。弟の名解説とコンドル新聞を大いに活用して下さい。今回は岸和田主催、大いに買って貰う事を期待します。

平成29年08月19日

平成29年8月19日
豊橋記念の初日は何が参ったかと言えば信じられぬ猛暑。外に居るだけで熱中症に成るのではと思われるコンディションで選手も大変だったと思います。
心配された落車の方は6Rだけで良かったが実感。
豊橋のバンクは軽いのか、捲りがバンバン決まり、ハロンタイムは軒並み11秒前半で、河端朋之・深谷知広は10秒台のハロン。この流れなら2日目以降も逃げより捲りの選手が狙いに成るかも。
平オールスターみたいな重大なミスもなく終了しましたが、土曜それも年金支給直後にしては12億3千万は厳しい数字の様な気がしましたがどうでしょうか。
記者席と検車場は近いので取材はバッチリ。それを踏まえて2日目のヒントを。
1R、関東コンビ。
2R、大西健士。
3R、大川龍二。
4R、内田英介。
5R、西村光太。
6R、佐藤朋也。
7R、村上直久。
8R、佐藤博紀。
9R、大坪功一。
10R、伊早坂駿一。
11R、岡本総。
12R、深谷知広です。

平成29年08月18日

平成29年8月18日
久留米FI・熊本ジャパンカップの2日目は、初日の12Rから続いていた落車が朝の1Rから4R迄、まるで呪われた様に続いたのはビックリ、
これも平オールスターからの流れだったのかも、落車事故だけは起きて欲しくないのはファン・関係者の願い。最終日は安全な事を祈ります。
ガールズは太田りゆが圧倒的パワーで連勝。A級決勝は乱戦で穴党には大歓迎。S級決勝は小倉で優勝獲らせて貰ってるバベクがブフリに前でと申し込んだのに、
ブフリはキッパリ断り又もや前でやる事に成り、両者でマッチレースの様相。
私は朝の暗い内に家を出て、豊橋記念の前検日に向かう事にしてます。

どっちらけだった平オールスターから中2日は選手、ファンは中3日ですが、休まず開催されてるので、それは関係無い事でも
選手の方はさぞや大変かと思い、オールスター帰りの選手に訊いたら総じて休養に努めたので大丈夫との事。一安心です。
中部の記念らしく主力は中部ばかり、その証拠に特選10Rは金子貴志・高橋和也の地元コンビ。11RはS・Sの浅井康太が大本命。12Rは深谷知広・吉田敏洋の地元コンビと正に中部祭り。
予選はそれなりに各地から力ある自力型が揃ってるのは大いに楽しみ。
売り上げ目標は年金効果を狙っての56億。厳しい数字ですが、近くまでは行って欲しいもの。
今日は久留米で熊本FIジャパンカップの最終日、大いに盛り上がってますが、的中の方はそこ迄は。
そして明日は岸和田競輪主催、小倉ミッドナイトの前検日。休む暇はありません。豊橋記念の4日間、大ヒットを飛ばしますので期待して下さい。

平成29年08月17日

平成29年8月17日
今回の久留米FIは大震災で壊れたまゝの状態が1年半近く続いてる熊本競輪の代替開催。
久留米市が手を差しのべてくれた事で記念(10月)そしてFIをもう1回やる事に成ってます。
熊本競輪場からはJKAの手助けで久留米迄の無料バスが専門紙・お弁当付きで運行されてます。久留米市とJKAには感謝。
ジャパンカップと言う事で場外は全国発売、初日は約7億で順調ですが、困ったのは直前の平オールスターの悪い流れそのまゝに落車事故が3件、
それもS級で発生するとは、競輪場は入場者も少なく今イチ盛り上がってなかったのは事実。
主役はブフリ(オランダ)、控えがバベク(チェコ)の外国コンビに成ってます。
朝早くから久留米に行き、しっかり取材したので500ないし550円をケチらずコンドルを買われたら資金は倍加する事は請け合い、大いに利用して貰えれば幸せです。
次は豊橋記念、其の後は小田原記念ですが、夜は久留米FI、そして深夜はミッドナイト。それから休まず向日町記念迄、仕事はビッチリ入ってます。
怖いのは体力維持、病気は跳ね返してコンドルを作り続けます。

平成29年08月15日

平成29年8月15日
平オールスターの最終日はあってはいけない事件が、それは6Rでの出来事。
レースの方は先に仕掛けた野原雅也が新山を出させず、赤板前から逃げ、5番手に下げた新山が大槻を連れて捲り、2人で決まったかに。
審議のランプそれは赤板で堤洋が落車したからと思っていたら何と周回板をめくる係が、その落車した選手が気に成ったのか、めくるのを忘れ、残り1周でも2周の赤板のまゝで不成立と成り、
全額払い戻し。原因は多分それだとは現地からの報告ですが、事の真相は違うかも。何れにしても前代未聞の出来事で、そのレースの売り上げ1億5千万はパァーに成ったのは事実。
それもあってか8Rでは吉澤純平が又落車と大変な事が続いてます。決勝戦でもその流れか、赤板前に上昇した深谷の番手竹内が鐘前に落車とは、これまた呪われたシリーズ。
これで新田がスンナリ4番手に成り、単騎の脇本と原田は落車を避けるのがやっとでは番外レース。
新田の2角捲りを渡邉は新田が4角で振ってくるのを頭に入れてたのか、いきなり内へ行き、久留米全日本選抜に続き2度目のGIVが地元の平オールスターでした。

今回のオールスターをどっちらけにさせたのは選手責任に依る落車・失格の数。輪界トップクラスがこれでは何をか言わんや。
2日目の筒井敦史・成田和也・高橋陽介しかり4日目は最高に盛り上がる準決勝で、それも立て続けに2人の失格に6人の落車。そして最終日がこれでは。。
競輪ファンは呆れて「もうやめた」が続出するのではの心配。
渡邉一成の2年連続グランプリ出場、そして3位に入った浅井康太は賞金で当確。こう成ったらグランプリ争いで盛り上げるしか無い様な気がします。

夜遅くは小倉ミッドナイトの2日目。そして明日からは久留米競輪場を借りて熊本主催のジャパンカップ。全国発売なので、しっかり取材をして休まず現地に飛びます。
A級・ガールズ・S級の3本立。S級の主役は世界のブフリにバベクの外国人、ブフリは特選スタート。ガールズの本命は112期№1太田りゆ。
熊本開催なので振るって車券を購入して貰えば熊本競輪の復興は早まるかと。私は何時も通りに全力で頑張ります。

平成29年08月14日

平成29年8月14日
平オールスターの4日目は大荒れしたのは準決2番での落車事故。それでも決勝戦は北日本・中部の2段駆けムードに成ったのは興味津々。それに一発の魅力を秘めた脇本雄太と原田研太朗が単騎。
私の推奨は脇本雄太のGⅠ初優勝です。
尚売り上げは前年度からちょっと毛が生えた程度みたいです。
今夜は小倉ミッドナイトの初日。そして明日は熊本ジャパンカップの前検日。今年も久留米競輪場を借りての開催です。

平成29年08月13日

平成29年8月13日
平オールスターの3日目は日曜なのに又しても20億に達しないとは、期待はしてなかったけどガッカリなのは私だけでなく突然現れた新任の広報課長も同じ。私より20近く若いだけあってそのやる気たるや凄いもので、話をすれば「ひょっとしたら競輪は復活するんじゃないのか」の気にさせられるから不思議。このエネルギーは羨ましい限りです。まだJKAの中にも嫌われてもいゝから我が身を賭して競輪界のために頑張ろうとしている人が居るだけでも救われる想いです。
売り上げは9月のシルバーウィークからお盆に移したのに昨年の松戸もですが今回も一昨年の松戸オールスターには及ばない数字。
4日目はウィークデイで年金支給前日、一番盛り上がる準決で又しても20億に届かなかったらと考えたら背筋が凍ります。
何をやれば良いのか、JKAの有志に頑張って貰うしか、頑張って下さい。
レースの方は狙い目は何本か的中したので参考には成ったかと信じてます。
頑張ってくれた合志正臣・椎木尾拓哉・坂本亮馬・深谷知広に感謝。
4日目の狙いは、
1R、井上昌己の番手捲り。
2R、永澤剛。
3R、根田空史。
4R、千葉コンビ。
5R、山中秀将。
6R、北コンビ。
7R、南関東コンビ。
8R、南修二。
9R、福岡コンビ。
10R、坂本亮馬と木暮安由。
11R、稲川翔。

平成29年08月12日

平成29年8月12日
平オールスターの2日目は、朝から3本赤色ランプが点灯する審議、対象に成った3人、筒井敦史・高橋陽介・成田和也は無情にもアウトの判定、高橋と成田の場合は仕方無いにしても筒井は初日の友定祐己と同じで前輪を前の選手に払われた反動で外に飛び一人だけ落車したのに、どうして失格なのかと怒ってました。レースの方はガールズの迫力無いレースはガッカリさせられましたが、野原雅也・太田竜馬・木暮安由・脇本雄太がしっかりカバーしてくれたので私の狙いはバッチリ、これだけの盛り上がりを見せたのに売り上げは祝日と土曜の違いはあれ、1億減とは悲しい限り。競輪そのものは凄く面白いのに、どうしてこう成ったのか、責任はJKAのトップにあると思います。高い所からふんぞり返ってる輩ばかりなんでしょうね、これでは将来は真っ暗、早く新しい人材でやり直す事でしょう。
3日目のヒントをサービス。
1R、小嶋敬二。
2R、志智俊夫。
3R、大槻寛徳。
4R、山田久徳。
5R、椎木尾拓哉の2・3着。
6R、小松崎大地。
7R、坂本亮馬。
8R、河端朋之。
9R、深谷知広から筋違い。
10R、山中秀将。
11Rは観るレース。

平成29年08月11日

平成29年8月11日
平オールスターの初日は昨年の松戸よりはやゝ売り上げが良かったとの事。
松戸はリオ五輪と重なり、スター級が4人居なかったのに対して今回は勢揃いしたのも要因かも。
それでもこれだけのメンバーを集めて20億を割り、18億弱ではお先真っ暗とはこの事ですが、直線が長い平のバンクで納得のレースが展開されたのは事実で、ドリームを制したのは、去年はオリンピックで居なかった新田祐大。2着もオリンピック組の中川誠一郎だったのも皮肉なものでした。
初日の私の予想は120点は貰えたかと。この勢いで残り4日間も走り続ける予定です。
2日目のヒントは、
1R、近藤隆司。
2R、伊藤成紀。
3R、横山尚則。
4R、村上博幸。
5R、鈴木竜士。
6R、池田良。
7R、椎木尾拓哉。
8R、太田竜馬。
9R、加瀬加奈子。
10R、木暮安由と大塚健一郎。
11R、脇本雄太。

平成29年08月10日

平成29年8月10日
昨年の松戸オールスターと同じ日程で開催される平オールスター。
確かに連休を使いますが、ファンの大半を占める年金受給者には最終日が15日では資金不足は否めず、昨年の松戸の結果は107億で、それまで9月に開催してたのより悪いとは。
それで来年はもう一度平でやると決まり、15日が初日は多分正解。それだけでなくダービーと同じで6日制に戻すとの案も。
やっとJKAも危機感を感じて立ち上ろうとしてます。日程とかル―ル制度も大事ですが、その前にやらなければいけないのはファンが直接喜ぶ事。
それは勝負する前に起こった落車・失格の返金。更には50円・20円・10円を発券すれば年金受給者は1万の軍資金で1日遊べると言うもの。
これをやらないなら7車立・6車立の簡単なものに移行するしかないのかも。
今年の売り上げ目標は昨年並の107億だそうで、選手は怪我で休んだ村上義弘・三谷竜生・菊地圭尚そして諸事情で欠場の北津留翼が居ないのは大打撃ですが、
前検日に集まったのは強豪ばかり。初日・2日目は番組が危な気ない代物なので、それなりに売れるのでは。
穴党はドリーム・オリオン・特選は誰からも狙えるし、2日目と4日目に予定されてるガールズの一発レースも穴の匂いがプンプンの興味ある一戦。
取材はバッチリやりました。
初日の狙いは1R、坂本亮馬。
2R、後閑信一。
3R、根田空史。
4R、山中秀将。
5R、村上博幸。
6R、渡邉雄太。
7R、武井大介。
8R、吉澤純平。
9R、早坂秀悟。
10R、山崎芳仁。
11R、中川誠一郎。
5日間全力で頑張る事を約束します。

平成29年08月05日

平成29年8月5日
川﨑記念ナイター2弾目は見事に失敗(売り上げ)しましたが、決勝戦は凄いメンバーの対決に成りました。昼間は高松FIの西日本カップ、昼も夜も全力で頑張ってます。明日これに小倉ナイターFIの前検日なので、朝一の便で帰る事にしてますが、心配は台風5号、飛行機が無事飛んでくれる事を祈るのみ。小倉ナイターの昼間は名古屋FIをやっつけて平のオールスターと成ってます。お付き合いの程よろしくお願いします。

平成29年08月04日

平成29年8月4日
川崎ナイター記念は、4月は珍しさもあって若いファンで溢れ返っていたのに、今回はメンバー的なものもあってか何となく寂しい入りで売り上げもパッとせず、4月の記念より2日間で4億減とは大ショック。
もうやらない方が良いのかも。落車も多いし、番組もマンネリを嫌って誰からでも狙えるものばり。JKAの有志と日刊紙の若き精鋭記者が激しくディスカッションして競輪を良い方に導いてくれたらと切に願う次第。

平成29年08月03日

平成29年8月3日
8月2日は或る意味では凄く充実した1日でした。岸和田FI・川﨑ナイター前検日そして小倉ミッドナイト(オールチャレンジ)の仕事。
この歳には実にハードでしたが、仕事であればやり遂げるしか。今日は岸和田・小倉は2日目で、川﨑ナイター記念は初日と成り、高松FI西日本カップの前々検日(現地からの情報を元にこっちも頑張ります)ガールズ・A級・S級の3本立。

2日の夜は、関東の日刊紙、若手記者3人とJKAの有志3名と、これからの競輪はどうあるべきか、忌憚の無い意見交換会を3時間あまり行ないました。
遅きに失くした感、無きにしも非ずですが、記者は競輪を心の底から愛し、常に選手を取材してファンの事を考えてる侍達。JKAの方は現場で何をすれば、離れて行ったファンを呼び戻し、
ボートレースとの差を縮められるか、選手やファンと接触してる記者の意見にやっと耳を傾けてくれました。真のファンサービスとは何か、そのためにの改革・改善はてんこ盛り。
私はこゝ何十年と訴え続けてる事を繰り返すだけでしたが、何でもやってみる事です。そうすればファンも「おや」と思うし、選手も「やっとこれで存分に力を発揮出来て、ファンに熱い走りを提供する事が出来る」と言うもの。何でもやってみる事です。
政治家みたいに出世欲・金銭欲・名誉欲が無い者達との会話、自分の年齢を忘れ、40歳くらい若返った気持に成りました。
気分良くしたまゝミッドナイトの仕事をし、さぞや的中するのではと良い方に考えてる次第。ミッドナイトの成功で持ってるだけではダメ。如何にして競輪場、サテライト場に老若男女を呼べるかゞ大きな課題。
そのためのディスカッションは大いにやるべき、そうでないと前には進まないと思います。

平成29年08月02日

平成29年8月2日
昼間は岸和田FⅠの初日をバタバタし乍ら何とか観戦して、ちゃんとした予想が出来たのは全て岸和田の研究社のお蔭です。
そして川崎ナイター記念の前検日で物凄く忙しい取材でしたが、何とか仕上げました。
夜中は小倉ミッドナイトに突入します。
初日の狙いを少々、
1R、岩本俊介から筋違い。
2R、中本匠栄の連対。
3R、紺野哲也。
4R、鈴木謙太郎。
5R、福島武士。
6R、自力型3人のボックス。
7R、福井コンビ。
8R、渡部幸訓。
9・10・11・12Rは本命が狙いです。


弥彦記念の最終日は川崎のホテルで観戦しました。
それは岸和田FⅠ・小倉ミッドナイトの前検日と重なったからで、やっと終わらせたら川崎ナイター記念の前々検日作業。
欠場を匂わせていた主役の深谷知広はハードスケジュールなのに出走に踏み切ったのは、施行のたっての願いに応じたものと思われます。
売り上げ目標は45億との事。この数字はSSが不在であれば、深谷が居なければ無理な数字だからです。
競輪界の実情を真剣に憂いているからの決断。本当に素晴らしい若者です。結果に関係無く応援したい選手です。