コンドルネット新聞バナー
e-SHINBUN新聞プリントサービス

競輪歴54年のコーナー
西暦年  月 

令和6年04月19日

令和6年4月19日
 30日初日の平ダービーを前にした西武園記念、2年連続してオールスターが開催されたので3年振りとか。400バンクでも逃げ有利が定説ですが、それはA級戦の話しで、追い込みに捲りが有利なのは他場と同じ。そこで今回も3日目迄は全レースのヒントを。

1R、鈴木庸之と中井太祐の頭狙い。
2R、狙いは谷口力也の1・2着。
3R、竹内智彦の2連対。
4R、島川将貴・阿竹智史。
5R、鈴木裕の頭から福田知也と山口多聞。
6R、河端朋之の捲り首位。
7R、中田健太―黒沢征治の地元コンビ。
8R、宿口陽一から吉田有希と小沼良。
9R、山崎芳仁・原田研太朗の首位争いは互角。
10R、荒井崇博・伊藤颯馬のマッチレース。
11R、地元コンビで独占。
12R、関東が分かれた事で脇本雄太の捲りが狙い。2・3着は手広く。

令和6年04月14日

令和6年4月14日
 高知記念の決勝は、高知を走れば勝利の女神が微笑む阿部将大が清水裕友の番手捲りを寸前で逆転して優勝。2年前のGⅢに続いて高知での快挙。それも本来の自力でなく追い込み、これで2度目の小倉競輪祭も決めました。3着は深谷知広の一発に懸けた坂井洋が入り、3連単4万6680円。次の記念は西武園。私の仕事は17日初日の松山FⅠジャパンカップで明日は久留米FⅠの最終日に成ってます。

令和6年04月13日

令和6年4月13日
 高知記念は500と言う事もあり、そこ迄売り上げは伸びず3日間で35億弱は最近の流れを考えたらショックな数字。最終日はモーニングが重なるだけで単独であれば20億は期待出来る気がします。
 決勝は北日本は新山響平に佐藤慎太郎・永澤剛で3人。犬伏湧也に清水裕友。阿部将大・大坪功一の九州コンビで深谷知広と坂井洋は初日同様単騎。新山と犬伏は初日の事があるので、ダービーを考えて派手にやり合うと想定して狙ったのは単騎2人、それも深谷の優勝です。

令和6年04月12日

令和6年4月12日
 高知記念の2日目は、初日と違い低配当の連続、それもあって売り上げは初日より微増。3日目は土曜なので13億は越えたいが施行の願いなのかも。3日目も売り上げ協力で全レースのヒントを。
1R、秋本耀太郎を使う鈴木謙太郎ー内田英介。
2R、畝木努の捲りには北野武史。
3R、久米康平・坂本健太郎のマッチレース。
4R、村田祐樹・古賀勝大で連独占。
5R、狙いは掛水泰範から後藤大輝・佐々木則幸。
6R、大石剣士・福田知也のマッチレース。
7R、人気は長島大介ですが、狙いは岡山トリオ。
8R、坂本周作使える山崎芳仁の頭固定。
9R、人気は南修二ですが、3日目こそはで野口裕史の逃げ切り。
10R、深谷知広から永澤剛・佐々木豪・坂井洋の2・3着ボックス。
11R、北日本S・Sコンビで連独占。
12R、清水裕友の首位で犬伏湧也の残り。



    夜は豪華メンバーが集結した久留米FⅠナイターの初日、大いに期待して下さい。

令和6年04月11日

令和6年4月11日
 高知記念の初日は、裏で松阪FⅠが重なったにしても、500でも特殊なバンクに人気選手は翻弄されたのか信じられない荒れ方をした事もあり、そこ迄売り上げは伸びませんでしたが、この流れは2日目も続きそうで波乱含み、全レースのヒントを。
1R、展開有利は望月一成に成った千葉コンビも波乱含み。
2R、点数上位の坂本健太郎は何故か単騎。そこで狙いたいのは月森亮輔の捲り。
3R、吉川希望を番手捲りする松岡篤哉の首位。
4R、こゝは四国コンビで決まる本命戦。
5R、どうして走るのか不明の長島大介を信用するか否か。
6R、佐々木豪の捲りと野口裕史の逃げは五分の狙い。
7R、南修二と島川将貴の折り返し。
8R、犬伏湧也から山崎芳仁。
9R、坂井洋・佐藤慎太郎で面白くない人は村田祐樹の1・2着。
10R、新山響平から永澤剛の本命戦。
11R、深谷知広ー福田知也が人気も、狙いは伊藤旭。
12R、清水裕友から橋本強で3着は手広く。

令和6年04月10日

令和6年4月10日
 高い目標を掲げた川崎記念は2億足りなくても60億を越えたのは大成功だったのでは。今回は高知500バンクでの記念。S・S脇本雄太・松浦悠士の欠場は痛いですが、錚々たるメンバーが特殊なバンクで激闘を繰り広げる4日間、最終日には122期・124期から選ばれた7人でのガールズ戦が予定されてる事で、お帰りがあるのは車券的には楽しみ。今回も初日から3日間は全レースのヒントを提供。
1R、神奈川コンビで独占濃厚の組み合わせ。
2R、焦点は同じ富山県人、村田祐樹・岩谷拓磨の激突。連対の軸は椎木尾拓哉。
3R、人気は柏野智典ですが、狙いは高知GⅢの覇者、阿部将大。
4R、大石剣士のパワーと岡山コンビのボックス。
5R、ムラでも力ある山田諒の頭固定。
6R、捲りの伊藤旭が坂本健太郎との本命戦。
7R、高知でデビューした山本伸一が軸、前は石塚輪太郎で後は表原周。
8R、永澤剛・野口裕史のマッチレース。
9R、島川将貴の首位で筋と筋違い。
10R、長島大介・吉澤純平。
11R、後藤大輝・橋本強の本命戦。
12R、深谷知広・清水裕友の首位攻防。

令和6年04月08日

令和6年4月8日
 川崎記念の決勝は2日目から絶好調に成ってた嘉永泰斗が、新山響平の逃げを2角から捲り記念3回目の優勝(熊本・函館)それも古性優作・郡司浩平を撃破しての内容あるもの。ゴールデンウィークに開催される平ダービーが楽しみに成りました。それにしても立派なもの。2着は古性を抜いた山田久徳。地元記念5連覇が懸かった郡司は斬って北日本を分断せず、ズルズル下げる情無い運行で大敗、課題を残しました。穴で狙った松本貴治は北の後に居たのに、先捲りする勇気不足で悔いを残したのは残念。

令和6年04月06日

令和6年4月6日
 川崎記念の3日目は、準決勝は下手な番組のお蔭で地元が4・5人は決勝に乗れたのに2人とは、どうして北井佑季に小原太樹と佐々木眞也をやり、郡司浩平に青野将大を付けて内藤秀久にしなかったのか、お蔭で決勝は5分戦に成ったのは、ファンからすれば何処からでも狙えるのは良かったかも。郡司浩平には佐々木眞也で、古性優作に山田久徳。嘉永泰斗に松岡貴久で、新山響平に佐藤慎太郎の北日本。曲者、松本貴治は単騎。展開は北が主導権握り、そこを郡司が捲るのか、それとも乗って来た嘉永が捲るか、古性が独特の勘で捌くのか、興味は尽きませんが、推奨したいのは嘉永と松本貴です。尚売り上げは3日間で40億、最終日は単独なので20億オーバーは確実なら、施行は万々歳なのでは。私の次なる仕事は高知記念に成ります。

令和6年04月05日

令和6年4月5日
 川崎記念の2日目は、想定通り初日とほゞ同じ売り上げなら順調。3日目は土曜で最終日は昼間はほゞ単独で日曜なら2日間で55億近くと想定すれば60の大台に乗り計算。3日目も私のファンに全レースのヒントを。
1R、こゝ迄落ちれば蕗澤鴻太郎と小林令。
2R、関東コンビは人気しても疑ってかゝるべき。
3R、補充小堺浩二が人気でも調子不明なので、狙いは逃げる高田修汰。
4R、武田亮と真船圭一郎の先行争いは互角で波乱。
5R、仲野結音ー伊藤正樹が狙い。
6R、大川剛から関東コンビ。
7R、取鳥雄吾は捲りを条件に、後は田中勇二。
8R、伊藤旭が連対の軸。
9R、S・S山口拳矢より、狙いは嶋田誠也であり川口雄太。
10R、北のS・Sコンビより、絶好調岩本俊介と松本貴治のマルチ。
11R、古性優作・浅井康太・嘉永泰斗のボックス。
12R、北井佑季・郡司浩平のマッチレース。

令和6年04月04日

令和6年4月4日
 川崎記念は裏で和歌山FⅠが重なっても関係なく13億近く売れたのは川崎の底力。2日目も負け戦からこれでもかと本命レースのオンパレードなので変わらないくらい売れるのでは。そこでヒントを。

1R、関東トリオで独占。
2R、南関より狙いはこゝも関東トリオ。
3R、メンバー軽く、頭は蕗澤鴻太郎で芦澤大輔・岡田泰地の2・3着争い。
4R、鈴木陸来の頭固定。
5R、志田龍星-山内卓也-三宅裕武で決まるか。志田から河合佑弥の筋違い。
6R、浅井康太・寺崎浩平のマッチレース。
7R、岩本俊介-佐々木眞也に山口拳矢。
8R、嘉永泰斗から北コンビ。
9R、北井佑季の首位不動。2・3着は北トリオ。
10R、眞杉匠・松本貴治の1・2着。
11R、近畿コンビで決まり。焦点は3着争い。
12R、郡司浩平-小原太樹で決まり。こゝも3着争い。

令和6年04月03日

令和6年4月3日
 川崎競輪場は一昨年の記念を機に1年掛けてリニューアルした事で昨年度の記念は1月に開催され、今年度は何時も通りに桜満開の4月。地元の雄、郡司浩平を軸に超スターが集結。113点オーバーしてる嘉永泰斗・岩本俊介が予選廻りとは驚き。意識してゴールラインをコーナーに近付けてるため、ゴール前の30メートルでドラマが展開されるのがこゝのバンク。それに強風も有名なので思わぬ波乱も。そこで今回も3日間は全レースのヒントを提供。

1R、4分戦の大乱戦を制すのは躍進久田裕也、戦法は捲り。
2R、大川剛を付けて貰った大槻寛徳と鈴木陸来を使う簗田一輝の両立。
3R、こゝ一番に強い伊藤旭の頭固定で2・3着は千葉コンビ。
4R、佐々木眞也・東龍之介の1・2着で3着流し。
5R、仲野結音を使う山田久徳から川口雄太。
6R、青野将大ー内藤秀久の本命レース。
7R、松本貴治―嶋田誠也。
8R、志田龍星―渡辺十夢。
9R、岡山コンビのマッチレース。
10R、嘉永泰斗ー松岡貴久。
11R、岩本俊介ー小原太樹で穴党は観戦が賢明かも。
12R、狙いはズバリ単騎の鬼、眞杉匠の1・2着。