競輪歴54年のコーナー

令和2年05月23日

令和2年5月23日
宇都宮記念の3日目は、最終レースで大本命の平原康多が落車のアクシデントで超大穴。4R・5Rも特大配当に成った事もあって、売り上げはそこ迄伸びず、3日間で17億強、これでは武雄記念の30億には遠く及ばないのは残念。気に成る平原の怪我は骨折は無く、脚・肘の打撲擦過傷との事。
決勝は準決の勝利は見事だった松浦悠士が軸。中川誠一郎も2年前の記念を獲った勢い、そこで私の狙いは、この2人の折り返し。浅井康太は初日に行かなかった野原雅也を指名するとは。穴は渡邉雄太・堀内俊介のハンサムコンビです。夜は小倉ミッドナイトの最終日。次は117期・118期が走る小倉ナイターが29日から、豊橋全プロ記念が私の仕事です。

令和2年05月22日

令和2年5月22日
宇都宮記念の2日目は、結構本命で決まってるのに、武雄記念に及ばないのはどうしたものか、インターネット投票頼りが原因してるとしか。
2日目のヒットは中川誠一郎の1着で、鈴木裕ー吉澤純平の2・3着を3連単、2万7190円を的中。そして平原康多から芦澤辰弘の2着と勘は冴えてます。
そこで3日目も売り上げアップを狙ってヒントを。
前半の1・2・3Rは全員がパッとしないので「見」。
4Rは、宮城コンビ。
5Rは、椎木尾拓哉の連対。
6Rは、本命戦。
7Rは、小原太樹の2連対。
8Rは、今野大輔を使う山本直。
9Rは、本命戦。
10Rは、吉澤純平から芦澤辰弘と浅井康太。
11Rは、南関コンビ。
12Rは、平原康多と稲川翔のマッチレース。
そして夜遅くは小倉ミッドナイトの2日目、自信あります。

令和2年05月21日

令和2年5月21日
厳重警戒の中、開催を強行した宇都宮記念。初日は本命と穴が適度で本命党も穴党も楽しまれたのでは。売り上げ5億4千万はネット投票主体にしては健斗したのでは。初日に目立って良かったのは、堀内俊介・鈴木裕・稲川翔・岡村潤。これを踏まえて2日目のヒントを。
1R、鷲田幸司から手広く。
2・3・4・5Rは、本命濃厚。
6R、江連和洋の連対。
7Rは、北日本コンビ。
8Rは、宿口陽一と嵯峨昇喜郎が狙い。
9R、渡邉雄太。
10R、中川誠一郎。
11・12Rは、本命戦。
夜は小倉ミッドナイトの初日、ガールズ2個で、A級1・2班7個の9R制。全力で頑張ってますのでジャンジャンバリバリ投票して下さい。

令和2年05月20日

令和2年5月20日
新型コロナ対策の一環として、やっとJKAのトップが大胆な改正案を発表しました。現在のご時世を盾に一応7月から9月迄の3ヶ月間を記念・FⅠ・FⅡはオール7車立の9個レース制。記念は4日制なので、初日は予選8個に特選が1個と成り、ポイントを設定して2日目はオール2次予選、その中から点数高い順に準決・特選・選抜に振り分けられるシステム。これを断行出来るのは7車立、そして7個レースのミッドナイトが大当りした事が要因でしょう。これで大きく水を開けられてるボートレースに近付いたのは事実、7車立に成った事で車券も全・全・全で210通りと成り、頭固定の全は30通り、そしてレースはスピードアップされ、落車・失格の事故が減少するし、施行者は人数が減った事で経費は大幅に削減された上に、売り上げはアップするやも知れず、一挙5得ぐらいの効果が、それに斡旋を西・中近・東に分ける事で、9人で闘うGⅠ・GⅡの時のみ、強豪がぶつかるのは昔に記念3日制で2節あった時と同じなら、特別の売り上げは自然に上がろうと言うもの、これ又楽しみ。7車立に成れば何が有利かと言えば、前を取って突っ張りから逃げ切るケースも増えてくれば、下げて捲りに行っても最悪7番手があれば行ける事に、どっちにしても努力を重ね、とんでもないパワーを身に付けた者が有利なのは変わりません。競り合いも減るし、スピード化された事で、力の衰えたロートルには厳しく成るでしょうが、だからと言って予想がバンバン的中する事は無いでしょう。7人が生活を懸けて闘えばより難しく成るし、何と言っても草創期から変わらないのが2割5分のテラ銭、結論はやっぱり難しいと言う事でしょう。
新しい競輪の幕開け、力あるヤングマンが席巻するのは間違い無し、狙いと成る選手は7車立でも常に前々に攻める自力型、こんな選手は展開では粘る事も出来るでしょう。そして消して良いのは持ちタイムに限度があるマーカーと成ります。楽しみ半分、不安も半分、何事もやってみる事です。我々には多分プラスは無いし、マイナスと成るでしょうが、これで競輪が生き残るのであれば。

新型コロナも3密を徹底する事でやっと下火に成り、それで自粛ムードも徐々に緩和された事で、競輪界も無観客で、場外発売(サテライトも含む)は閉鎖したまゝですが、徐々に開催の運びに。
小倉・武雄・佐世保・玉野・広島に続いて先日は名古屋・川崎でも開催、21日からは宇都宮記念も開催。豊橋も続く様で、この流れなら6月には全ての場と成りますが、それでは限られたインターネット。電話投票ファンの奪い合いと成るのは明らか。競馬・ボートに追い付くためには競輪場・場外場にファンを入れる事は必要不可欠。個人個人が気を付ければ済む事。せめて期変わりの7月からファンに競輪場とサテライト場を開放して欲しいが願いです。

令和2年05月13日

令和2年5月13日
静岡ダービーが中止に成り、政府の緊急事態宣言に即呼応した各自治体は競輪開催に尻込みし、他県からの流入を極力防ぐために中止の嵐。他の公営競技は続けてるのにどうして競輪だけがの強い想いはありますが、これもお上には絶対服従の仕組みがあっては仕方ない事なのかも。
そんな中でも競輪の灯を消してはならないでコロナ対策に万全を期し、開催してる小倉・武雄・佐世保・玉野・広島・名古屋、そして5月の記念開催を決めた宇都宮の勇気ある決断には感謝しかありません。これで立ち上がったのがJKA、6月は開催をやれる様に選手の斡旋は九州・四国・中国の場は3地区の選手ばかりにして、中部・近畿で又一つ、東は関東・南関・北日本の選手を集めてやる方向に。唯一の例外は早くに発表した和歌山高松宮記念杯だけで、やっとGⅠも開催の方向に。これは一歩前進です。
新型コロナ対策が更に充実されたら各本場、各場外場、そしてサテライトにファンを入れる日は近いかと。遅くとも7月にはそうなって欲しいと願うばかり。そうしないとファンに直接、専門紙を販売している我々は倒産せざるを得ません。この願いが政府そして地方自治体に届く事を祈るばかりです。
今日は小倉ミッドナイトの前検日、弟が取材して私が予想と情報をファンにお届けします。今回は岸和田主催との事、全力で頑張ります。
次は宇都宮記念、確かな情報を元に「コンドル」を作り上げるので、コンビニのマルチコピー機でe-shinbunを取り出して貰えれば幸せです。
現在は競輪界が甦るのを楽しみに体力を蓄えてる次第、命が続く限り頑張ろうと思ってます。私が愛した競輪がこのまゝ朽ち果てず、先を行くボートに追い付き追い抜く日は必ず来ると信じてます。コロナに負けず頑張りましょう。

開催日程

令和2年05月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1



















宇都宮競輪場
ワンダーランドカップ







小倉 ケイドリームス杯
ミッドナイト
ケイドリームス杯争奪戦 ミッドナイト チャリロト杯 ミッドナイト 富士通フロンテック杯 ナイター

令和2年04月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
場外1
高知競輪場
よさこい賞争覇戦

















武雄競輪場
大楠賞争奪戦




小倉 九州競輪記者クラブ杯 ナイター オッズパーク杯 ミッドナイト ケイドリームス杯 ミッドナイト

令和2年03月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1
























福井競輪場
ウィナーズカップ


小倉 オッズパーク杯 ミッドナイト オッズパーク杯 ミッドナイト 富士通フロンテック杯 ミッドナイト WinTicket杯 ミッドナイト
久留米 日本名輪会カップ 戸上守杯 国際自転車トラック競技支援