HOME>競輪歴54年のコーナー

競輪歴54年のコーナー

西暦年  月 

令和4年05月21日

令和4年5月21日
 宇都宮記念の3日目は、あまりにも策が無い番組なので荒れるのではと危惧した通り、ラインで決まったのは8・12Rだけ。それもあり売り上げはほゞ単独だったのに、15億を割ったのはマンネリの番組が足を引っ張ったと思ってます。もっとファンがワクワクする様なものを作るのは番組の責務ではないでしょうか。それでも最終日は18億行けば55億に近付く事に。決勝は地元コンビに吉田拓矢と成り、大槻寛徳は決めずで、相性微妙な瀬戸内は、松浦悠士に小倉竜二、4年前を彷彿させる準決勝の逃げにはビックリの中川誠一郎の7番手捲りには中本匠栄ー坂本健太郎が決勝メンバー。私の狙いは地元コンビに任せた吉田拓矢の抜け出し、2・3着は地元コンビと松浦です。次は久留米FⅠナイターから大宮FⅠから佐世保全プロが今月のスケジュール。頑張ります。

令和4年05月20日

令和4年5月20日
宇都宮記念の2日目は初日の流れは止められず、初日も指摘した様に工夫もせず超マンネリの番組に当てられた選手が異常にハッスルした事で本命で決まるレースが事如く波乱とは。もう少し選手にも考えさせる組み合わせにすべきだと思います。現在はネット全盛で売れてるけど、その内バブルが弾けた時に気付いても遅いかと。番組マンはもっともっと勉強して、バリエーションを増やす勇気は必要。尚ゴール後落車した山口拳矢は一応走るとの事でも夜に成り痛みが増せば当日欠場は充分に考えられる程の大転倒でした。3日目も初日もしくは2日目にやった組み合わせばかりなので、推理はし易い反面、とんでもない荒れ方も。そこら辺りを踏まえ全レースヒントを。
1R、狙いは捲りの小谷実。
2R、近畿コンビに吉川嘉斗。
3R、展開不問で中村良二。
4R、山口敦也の1・2着。
5R、藤井栄二のパワーと南関トリオ。
6R、小畑勝広先頭の茨栃トリオ。
7R、山田久徳から九州トリオ。
8R、高橋晋也から手広く。
9R、捲りを条件に松本貴治。
10R、人気の松浦悠士と金子幸央を使う隅田洋介の1・2着。
11R、古性優作の自力を村上義弘が逆転するか、村田雅一までの近畿を。
12R、吉田拓矢・眞杉匠・恩田淳平を買うか、乗って来た松坂洋平の捲り3連発。

令和4年05月19日

令和4年5月19日
 宇都宮記念の初日は、ゴールデンウィークでファンも疲れたか、番組が超マンネリの堅い組み合わせを作ったのが仇と成り、開幕戦、3連単51万8千円の超大穴でスタート、2R、3万5620円、4R、33万8千円、6R、12万9千円弱、9R、4万4260円、11R、3万5500円ではこの売り上げも仕方無かったのかも。落車事故もあり、500でも捲りが決まらないバンクが影響したのは事実。2日目は懲りず又してもマンネリの堅いのを作ってるのが裏目に出なければと心配でしかありません。それでも「イーシンブン」そして「コンドル」ファンに少しでも儲かって欲しいで全レースのヒントを。
1R、中近コンビの表・裏。
2R、関東トリオで人気ですが、狙いは山口敦也の突き抜け。
3R、三登誉哲の捲り単。
4R、吉田敏洋が人気も考えるべし、狙いは中村良二。
5R、山田久徳から筋違い。
6R、中川誠一郎と森田優弥の首位争いは五分。
7R、地元コンビと熊本コンビは互角の狙い。
8R、隅田洋介・山口拳矢の両立。
9R、松浦悠士より金子幸央に高橋晋也が狙い、3人の巴戦。
10R、眞杉匠の首位。
11R、古性優作ー村上義弘・松坂洋平。
12R、吉田拓矢・長島大介の折り返しに恩田淳平。

令和4年05月18日

令和4年5月18日
 熱戦が展開された函館ナイター記念から中1日で初日を迎える宇都宮記念。3月にウィナーズカップ(GⅡ)が開催された500バンクは昔と違い、ホームとバックが入れ替わった事で直線は意外と短いので、大宮と違い逃げ選手にも大いにチャンスあるのは楽しみ。それでも500は500なので追い込みにショート捲りが有利なのは当然。この時期で怖いのは宇都宮名物の「雷」、それに伴う雨に風ですが、コロナ禍に巻き込まれず無事に4日間終わる事を切望する次第。
 記念らしく強豪が揃いました。番組は手堅くライン優先の超マンネリが初日の傾向なら、それを押し通すと言う事は地元(関東)が有利なのは明白。
 今回も売り上げアップに貢献したいで私なりのヒントを提供します。
1R、年齢相応にクレバーな皿屋豊の首位で吉田敏洋と堤洋の2・3着。
2R、福島コンビと阿部拓真のボックス。
3R、北日本トリオで上位独占ムード。
4R、岡山コンビに今野大輔。
5R、松坂洋平の捲り単。萩原孝之・村田雅一の2・3着。
6R、隅田洋介の捲りに和田圭。
7R、松本貴治の1着で筋違い。
8R、森田優弥・磯田旭・古川尚耶。
9R、京都コンビ。3着手広く。
10R、金子幸央―坂井洋―武藤篤弘。
11R、長島大介から神山雄一郎・杉本正隆の2・3着。
12R、眞杉匠の番手、吉田拓矢の首位で古性優作・山口拳矢・眞杉匠の2・3着と穴で中川誠一郎の捲り単。

函館記念の決勝は瓜生崇智がやってくれました。気持良く鐘前からカマシた佐々木豪を清水裕友が2角番手捲り、追った瓜生は後を引き付け会心の追い込みで記念ウィナーの仲間入り。2・3着争いは清水と後尾から内突いて伸びて来た郡司浩平が僅差。○▲◎の3連単は16340円、2車単7160円は的中も同然。この勢いで明日からの宇都宮記念も期待して下さい。

令和4年05月16日

令和4年5月16日
 函館記念の3日目は、ナイターにしてはファンの入りも良好で凄く盛り上った事もあり、売り上げは順調で3日間で39億をオーバー。それで最終日に16億行けばナイター記念で55億なら異例。これも全て施行の熱意とJKAの頑張りかと。決勝は関東こそゼロでもバランスの取れた注目のメンバー構成。平ダービーで決勝に乗り弾みが付いた清水裕友の出来は光って居り、こゝでラインの佐々木豪を得たのは正に百人力。こゝで考えたのは守澤太志で、初日に任せた郡司浩平に行くか、ライン大事に福島の3番手を固めるかに成ったが、小松崎大地には準決だけでなくこれ迄もこれからも世話に成るで、北の絆を優先したのは自然。そこで郡司は単騎と成り、笑いが止まらない様子。近畿は山本伸一ー稲川翔で結束。そこで狙いは清水裕友・瓜生崇智の折り返しに郡司の捲り、3人のボックスはダメ元でも買って下さい。他のレースも全て狙いばかり。そして昼間の西武園FⅠは、函館記念以上、7車立ですが、自信あるので是非「コンドル」でしっかり儲かって下さい。次は中1日で宇都宮記念です。

令和4年05月15日

令和4年5月15日
 函館記念の2日目は、これがナイターなのか、初日の土曜から日曜であれば3億プラスと想定したら、4千万しか上がらなかったが、3日目からは平日に成ってもナイターと言う事で、そこ迄落ちずアップする一方だったら万々歳。それに期待して番組はこれでもかの組み合わせにしてるので、推理するのは簡単なのをファンが受け入れてくれるかどうかゞ鍵。2日目は落車・失格ゼロは喜ばしい事。コロナさえ出なければ最高の結果に成るのは請け合い。3日目もヒントを提供。
1R、後藤悠・関根健太郎・小川祐司の自力型のボックス。
2R、太田龍希のパワー。
3R、格清洋介と早坂秀悟は互角。
4R、鈴木浩太の首位。
5R、川口聖二の1着で山田諒と吉田昌司。
6R、大石剣士のパワーに、単騎の兼本将太。
7R、中国コンビに敢えて。
8R、野口裕史の逃げ切り。
9R、山崎芳仁は連対外さない。
10R、守澤太志を軸に菊地圭尚と菊池岳仁、そして九州コンビ。
11R、原田研太朗から清水裕友に湊聖二・稲川翔。
12R、佐藤慎太郎・郡司浩平に、3着で柴崎淳・大森慶一。
昼間は西武園FⅠは7車立ですが、A級5個・S級7個、特に準決勝は函館記念に負けない強豪の激突、穴党には堪らないレースばかり。しっかり予想してるので御利用して下さい。「コンドル」を。

令和4年05月14日

令和4年5月14日
 函館記念ナイターの初日は、肌寒いだけでなく3メートル強の風が吹くバンクコンディションもあり8割が高配当、これが函館記念でありバンク。2日目以降もこの傾向は変わらないと思います。売り上げはナイターがファンに浸透したのとネットバブルもあって初日から13億3247万1700円とは大成功。又しても60億越えを予感させる数字。全力で頑張ってるJKA鬼の副長もやり甲斐があると言うものでしょう。コロナ対策もバッチリなら、番組も売れる様に組んでるので2日目も楽しみ。私の力でもっと売れる様に全レースのヒントを。
1R、九州コンビと工藤文彦のボックス。
2R、小原太樹・格清洋介の折り返しに伊勢崎彰大。
3R、青柳靖起の捲りがズバリ狙い。
4R、太田龍希・坂本周作・成田健児の巴戦。
5R、野口裕史から小埜正義と横関裕樹。
6R、井上昌己・大石剣士の両立。
7R、稲川翔から小森貴大・澤田義和。
8R、柴崎淳の首位で手広く。
9R、守澤太志・山田英明・藤井侑吾の攻防。
10R、佐藤慎太郎から菊池岳仁・瓜生崇智・竹内翼のボックス。
11R、清水裕友から三宅達也ー濱田浩司と清水・鈴木浩太の折り返し。
12R、郡司浩平から地元コンビ。
昼間は西武園FⅠ、A級もS級も函館記念に遜色ない好メンバーの激突。現地、青競さんの協力でしっかりした新聞を作ってるので大いに利用して下さい。

令和4年05月13日

令和4年5月13日
沸きに沸いた平ダービーの興奮冷めやらぬ中、開催されるのはナイターでは肌寒い北海道は函館バンクでの記念。主役だった新田祐大・平原康多の欠場は痛くても、コロナバブルで競輪はグレードに関係無く、やれば売れる時代に突入してるので今回も目標を大きく上回り、55億から60億は期待出来る4日間。開幕戦の1番車は宮城のホープ櫻井祐太郎。パートナーは北海道生まれの大スター武田豊樹の粋な組み合わせ。後半に成るに従い本命レースが組んであります。メインの特選は北日本の場らしく過半数が北の精鋭、流石に5人は並べず福島3人と守澤太志・菊地圭尚は分かれる事に。これにSS郡司浩平・清水裕友が居り、実績の稲川翔・井上昌己で闘う注目の一戦。そこで少しでも売り上げアップのためにコンドルファンに儲けて貰わんと全レースのヒントを。
1R、櫻井祐太郎がズバリ狙い。後は武田豊樹・小林令。
2R、竹内翼・濱田浩司が人気ですが、狙いは吉田昌司。
3R、山田英明と山梨師弟コンビは五分の狙い。
4R、福井コンビで独占。
5R、山賀雅仁・大石剣士に3着で伊勢崎彰大と川口聖二。
6R、山根将太・香川雄介と石井洋輝・櫻井正孝は互角。
7R、柴崎淳―藤井侑吾―西浦仙哉。
8R、佐々木豪―三宅達也で3着は手広く。
9R、菊池岳仁・大森慶一のマッチレース。
10R、野口裕史・小原太樹VS瓜生崇智・青柳靖起。
11R、原田研太朗―湊聖二。
12R、怒ってる郡司浩平に守澤太志の表裏がズバリ狙い。

令和4年05月10日

令和4年5月10日
 平ダービーの覇者は日本一努力してる世界のトップクラスと互角に渡り合った我等がワッキー、脇本雄太。内容も前を取り、眞杉匠の考えた逃げを5番手から先き捲りした清水裕友、そして番手から仕掛けた平原康多を1角ロング捲りでネジ伏せての文句無しの優勝。これで賞金王を独走すると同時に平塚GPを決めた事で、赤パンツも奪回、今月中には福井に帰るとの話なら、故郷に錦を飾ったのは間違い無し、昨年10月の熊本記念で悪化した腰痛を5ヶ月間掛けて克服したのも驚き、これぞチャンピオン。高松宮記念杯に特例として出場させなかったJKAは猛省して欲しいもの、現在は売り上げのためなら何でもありでしょう。国の為に痛めた事で走れなかった事をもっと考慮して良かったのでは。そして2着に入った中年の星、佐藤慎太郎も平塚GPをほゞ決めたのと3着に入った守澤太志は来月が失格で斡旋停止で高松宮記念杯に出れないでも今回で3千万に成ったなら3年連続GP出場は見えて来たのでは、古性優作・平原康多・清水裕友・眞杉匠、負け戦でしっかり存在感を示した松浦悠士・吉田拓矢・深谷知広と売り上げバブルもですが、競輪界にやっと春が来ました。

令和4年05月08日

令和4年5月8日
 平ダービーの覇者は日本一努力してる世界のトップクラスと互角に渡り合った我等がワッキー、脇本雄太。内容も前を取り、眞杉匠の考えた逃げを5番手から先き捲りした清水裕友、そして番手から仕掛けた平原康多を1角ロング捲りでネジ伏せての文句無しの優勝。これで賞金王を独走すると同時に平塚GPを決めた事で、赤パンツも奪回、今月中には福井には福井に帰るとの話なら、故郷に錦を飾ったのは間違い無し、昨年10月の熊本記念で悪化した腰痛を5ヶ月間掛けて克服したのも驚き。これぞチャンピオン。高松宮記念杯に特例として出場させなかったJKAは猛省して欲しいもの、現在は売り上げのためなら何でもありでしょう。国の為に痛めた事で走れなかった事をもっと考慮して良かったのでは。そして2着に入った中年の星、佐藤慎太郎も平塚GPをほゞ決めたのと3着に入った守澤太志は来月が失格で斡旋停止で高松宮記念杯に出れないでも今回で3千万に成ったなら3年連続GP出場は見えて来たのでは、古性優作・平原康多・清水裕友・眞杉匠、負け戦でしっかり存在感を示した松浦悠士・吉田拓矢・深谷知広と売り上げバブルもですが、競輪界にやっと春が来ました。

令和4年05月07日

令和4年5月7日
 平ダービーの5日目は、準決勝の番組にファンも考えたのか、よもや初日より売れなかったのはビックリ、勿論祭日と土曜の違いに、裏で岸和田FⅠがあったのもありますが、せめて27億近くは行って欲しかったのが施行者の気持だったのでは。口でこそ「こんなご時勢なので売り上げより6日間開催されるのが大事」と言っても滑り出しが良かったので、150億は越えて欲しいのは願い。そのためには最終日35億6千万、これなら何とか成りそう。決勝は近畿3人、東は眞杉匠に平原康多で、地元の大将、佐藤慎太郎、決めずの守澤太志も多分ライン参加。こゝで優勝するか2着賞金の3500万は欲しい脇本雄太は、古性優作ー東口善朋を連れての捲り策、それが鐘前に成るのかホーム過ぎ迄待つかは脇本の胸三寸。こゝで平塚GPを確定的にしたい清水裕友の捲りには荒井崇博。私は無条件で脇本を応援しますが、一昨年の四日市記念ナイター決勝で平原の番手捲りを抜いて優勝してる佐藤慎太郎は五分の狙い。脇本・古性の折り返しに佐藤ー平原の折り返しに成ります。

令和4年05月06日

令和4年5月6日
 平ダービーの4日目は、平日で裏で岸和田FⅠが重なった事もあり20億6800万は順調、4日間で90億を越えたなら土・日の5日目・6日目で60億売れば150億の大台に乗る計算。5日目の準決は北日本のS・S2人に気を遣った事で、平原は眞杉でなく自力。北は新山が居たのに、大槻と2車にしたのは疑問符が、近畿は脇本に古性は順当でも、こゝに稲川を付けて、山田久に東口だったら、稲川が暴れる事はなかったのに、山田の後なら何かやりそうで危険な匂いが。恵まれたのは千葉2人を付けて貰った深谷知広に、渡邉雄太に任せた郡司浩平の南関の主役。これを踏まえて全レースのヒントを。
1R、九州コンビと瀬戸内コンビ。
2R、瀬戸内トリオで独占か。
3R、野口裕史の逃げ切りと雨谷一樹の捲り。
4R、九州コンビと菊地圭尚の2勝目。
5R、井上昌己の3連勝。
6R、中川誠一郎から手広く買うか島川将貴先頭の徳島トリオ。
7R、松井宏佑から内藤秀久と柴崎淳の捲り。
8R、小川真太郎を付けて貰った松浦悠士が本命でも、狙いは野田源一。
9R、ズバリ眞杉匠の1・2着に、恵まれそうな郡司浩平。
10R、平原康多・佐藤慎太郎の折り返しもですが、狙いは深谷知広の逃げ切り。
11R、脇本雄太ー古性優作で勝負、3着争いは東口善朋と関東コンビ。

令和4年05月05日

令和4年5月5日
 平ダービーの3日目は、夏の訪れて最高のバンクコンディションと成り、ファンもメリット一杯で大盛り上がりと成り、売り上げは順調。番組が極力推理し易い組み合わせにしたのも。この勢いで残り3日間も。4日目は2次予選が2個で最終レースは準決フリーパスのゴールデンレーサー賞。3日目一番悔しかったのはほゞ決まってた10Rの北九州コンビ。私にツキが無かったのかも。4日目もコンドルファンのためにヒントを提供。
1R、狙ったのは近畿コンビと竹内翼から筋違い。
2R、中西大を使う稲毛健太のものか。
3R、不振の野原雅也から買うか南関トリオ。
4R、熊本コンビが狙い。
5R、関東3人のボックス。
6R、瓜生崇智の2連対。
7R、松坂洋平の中団捲りと島川将貴の番手捲り。
8R、伊藤颯馬を使う井上昌己の首位と穴は町田大我ー山下一輝。
9R、渡邉雄太の捲りに和田健太郎と北日本トリオのボックス。
10R、脇本雄太の頭から。
11R、狙いは平原康多と浅井康太・佐藤慎太郎の巴戦。

令和4年05月04日

令和4年5月4日
 平ダービーは初日よりバンクコンディションは良好で、ファンの熱い声援の中激闘ばかり、私の予想は合格点は貰えたでしょう。売り上げはJKAの頑張りで順調、この勢いなら久々に150億は越えるかもの期待。2日目に目立ったのは、北津留翼・嘉永泰斗・柴崎淳・太田竜馬・平原康多・深谷知広、そして吉田拓矢。3日目は最終レースがガールズコレクションで、2次予選は5個、そして前半戦は生き残りを懸けた負け戦、どれもこれも難しいものばかり、番組の妙で又々売れるのでは。全レースのヒントを提供します。
1R、中西大のラインと茨城コンビ。
2R、香川コンビと千葉コンビは五分の狙い。
3R、野原雅也の首位で山本伸一。
4R、このメンバーなら岩本俊介、押さえは瀬戸内トリオ。
5R、狙いたいのは気合で走る瓜生崇智の3連対。
6R、森田優弥の捲りに佐々木悠葵。
7R、山口拳矢の1着で松井宏佑・守澤太志。
8R、原田研太朗の番手捲り首位の野田源一・眞杉匠の2・3着。
9R、太田竜馬のパワーで小倉竜二と狙うなら荒井崇博の単。
10R、郡司浩平の頭が人気でも狙いは小倉コンビ。
11R、古性優作・中川誠一郎の首位争い。
12R、児玉碧衣の優勝と穴なら柳原真緒の1・2着。

令和4年05月03日

令和4年5月3日
 平で日本選手権が開催されるのは44年振りだったとか。それは旧バンクで現在の平バンクは空中バンクと呼ばれ、施設も充実し切って居り、それもあり初日は5414人のファンが大いに盛り上げた事もあり、選手はハッスルプレー、売り上げはコロナバブルもあって24億2549万3600円は大成功。レースの方は3メートル強の風と平の長い直線もあって3連単が筋通り決まる事はなく、全体的に荒れましたが、そんな中鐘から逃げ11秒4のハロンで一人だけ押し切った脇本雄太は正にモンスター、1日休めるのはプラスで今シリーズ主役である事は疑う余地が無い事実。意外だったのは古性優作の裏切り、皮肉な事に前検日の指定練習で新田祐大と接触して落車してた浅井康太が付き抜けたのにもビックリ。病み上がりの清水裕友と落車後の諸橋愛の3人は4日目のゴールデンレーサー賞を決め、準決勝進出。1予で目立ったのは野田源一・菊地圭尚・渡邉雄太・中川誠一郎・皿屋豊。そして特選の眞杉匠。心配は渡邉一成・新山響平・山崎芳仁の北日本勢。2日目も全レースヒントで売り上げに貢献します。
1R、狙いは大石剣士の頭。
2R、松本秀之介の捲り単。
3R、伊藤颯馬。
4R、山田英明。
5R、岩本俊介の捲り頃。
6R、狙いは柴崎淳の3連対。
7R、嘉永泰斗・井上昌己。
8R、町田大我から四国コンビと筋違いで松坂洋平。
9R、太田竜馬から柏野智典に、柏野は離れて筋違いで稲垣裕之。
10R、関東コンビに山田庸平。
11R、深谷知広の逃げに北コンビが人気しますが、狙いは捲るであろう松浦悠士と山口拳矢の表・裏から流し気味に。

令和4年05月02日

令和4年5月2日
青森裏記念の決勝を狙い目で河端朋之―阿竹智史をバッチリ的中させた勢いで同じ北日本の平ダービー6日間、しっかり情報提供する予定、期待して下さい。
昨年は8月ナイターでオールスターを6日間開催した平の400バンクは4コーナーからゴール迄が長いのが最大の特徴。そして突風が吹くのもこのバンク。バック向い風が先行型を悩ませるのも。そこでの狙いは、スピードある追い込み型。1次予選に特選は優秀な番組が地元組を優先し乍ら全国の強豪を気遣ったものばかり、これならコロナ特需とゴールデンウィークの恩恵で久々に凄い売り上げに成るのではと楽しみ。賞金も昨年よりアップ、優勝賞金は昨年より1千万アップの7千万強。
尚前検のサプライズは指定練習中に新田祐大と浅井康太が落車。新田は救急車で運ばれ欠場。浅井は走るそうです。

1R、師弟コンビに阿部力也のボックス。
2R、関東コンビから3着争い。
3R、渡邉雄太の単で内藤秀久・田中晴基。
4R、関東トリオのボックス。
5R、本命は荒井崇博でも狙いは門田凌の1・2着。
6R、野原雅也から神田紘輔で決まるか、筋違いで大石剣士に松本貴治・宮本隼輔。
7R、山崎芳仁―永澤剛に野田源一をミックス。
8R、中川誠一郎から買うか、小松崎大地―和田圭。
9R、松井宏佑・成田和也の表裏に竹内智彦。
10R、脇本雄太―三谷竜生に瓜生崇智。
11R、昨年の平オールスターの覇者、古性優作は連対を外さないのでは。

令和4年05月01日

令和4年5月1日
1日は民間ポータルサイトでの特典が充実してる事で、売上げは5割増しと言う事もあり、17億5千万で、
青森記念は裏なのに55億を突破する大盛況、荒れに荒れましたが、決勝を河端朋之-阿竹智史をバッチリ的中させた事で、次の平ダービーに気持よく突入します。
初日の仮番も頂き、しっかり精査して、後はコメントを元にバッチリ予想しますので楽しみにして下さい。