HOME>競輪歴54年のコーナー

競輪歴54年のコーナー

西暦年  月 

令和4年09月26日

令和4年9月26日
 向日町記念の3日目は、予想通りの売り上げ、最終日は平日なので14億~15億の攻防か、それでも52億以上には達す計算。落車や欠場者が出て前半3個は5車・6車立は売り上げ的に痛いし、4R~11R迄はこれが何も考えてない番組マンらしく初日か2日目・3日目と同じ組み合わせばかり、もう少し勉強してファンに考えさせる物を提供しても良かったのでは。次の熊本記念は是非ファンが「あれ」と驚く様なものを作って欲しいのは個人的な願い。決勝戦は連日圧倒的パワーで人気に応えてる脇本雄太には、初日特選と同じメンバー、坂井洋が逃げて、中団に清水裕友で、違うのは後3人にだったのが今度は稲川翔と2車なら仕掛けは当然早く成るのではと想定したけど、やっぱり8番手捲りの時はブッ千切りの4連勝か、それとも捲り不発のシーンも、その時の狙いは、坂井洋を利す成田和也ー小原太樹。清水の捲りには桑原大志・筒井敦史・小倉竜二の並び。次の仕事は3日間しっかり英気を養って1日初日の熊本記念に備えます。私が原稿を書いた日本一のチラシを参考に4日間、朝10時から1R発売迄スタジオで予想会をします。

令和4年09月25日

令和4年9月25日
 向日町記念の2日目は、昼間は単独開催だったのに意外に伸びず、14億ちょいオーバー、3日目も恵まれた事に単独なので12億以上と想定すれば3日間で38億近くは行く計算なら順調なのかも。初日、そして2日目と堅い番組のオンパレードだった事で3日目はやゝ荒れムード。バンクコンディションも秋晴れが想定されるので、落車・失格の事故が無い事を祈るのみ。全レースのヒントをしっかり提供。
1R、こゝは九州コンビ。
2R、愛媛コンビに印を付けたが、内田英介は狙い度い。
3R、後競りなら青柳靖起で大丈夫と想定。
4R、瀬戸内コンビより、狙いは近畿の2段駆け。
5R、先行マニア中嶋宣成のハイパワー。
6R、神山拓弥ー蒔田英彦。
7R、河端朋之・堤洋・山崎芳仁の巴戦。
8R、木村弘から関東トリオ。
9R、人気は近畿トリオでも狙いは佐藤一伸の捲り。
10R、茨栃コンビに、穴なら大川龍二の3連対。
11R、清水裕友・小倉竜二。
12R、脇本雄太ー高久保雄介ー山下一輝。

令和4年09月24日

令和4年9月24日
 向日町記念の初日は、心配された雨は降らず、手堅い番組が売り上げに直結したのか裏でFIが2開催あったのに11億をオーバーしたのは大成功、2日目の日曜は単独なので15億近くは行き度いが本音か。それを見越して穴党には不向きな本命で収まる組み合わせのオンパレード。一人横綱脇本雄太は「調子上って来ない」と言い乍ら2角捲りのハロンタイムは破格の10秒8、これなら向日町記念連覇、それも連続パーフェクトは決まったも同然か。そこで売り上げアップを願って全レースヒントを。
1R:千葉コンビ
2R:九州コンビ
3R:月森亮輔の首位
4R:青柳靖起から2・3着探し
5R:山崎芳仁より狙いは中部トリオ
6R:大阪コンビ
7R:栃・茨コンビ
8R:成田和也を軸に山下一輝と大川龍二のボックス
9R:吉田有希。神山拓弥
10R:地元コンビの表・裏
11R:清水裕友ー桑原大志
12R:脇本雄太ー稲垣裕之

令和4年09月23日

令和4年9月23日
名古屋共同杯から中4日で初日を迎える向日町記念、それもあってSSの古性優作・宿口陽一は落車で欠場、伏見俊昭・小川勇介・橋本優己の有力処も欠場する一大事。SSは清水裕友が一人ですが、共同杯で連勝は止まり、弱点をさらけ出した脇本雄太の独り舞台の様相。2班の注目は119期の逸材、吉田有希のみ。何とか売り上げアップのために「私」なりに頑張ってみます。全レースのヒントを。
1R、開幕戦に抜擢されたのは一昔前の超スター山崎芳仁ですが、正直言って不安しかなく、狙いは1番車の青柳靖起。
2R、月森亮輔先頭の瀬戸内トリオ。
3R、久木原洋の捲りに河野通孝。
4R、根田空史―中村浩士の千葉師弟コンビ。
5R、地元窓場千加頼の1着。
6R、山本伸一から畑段嵐士。
7R、山下一輝軸の瀬戸内トリオ。
8R、北日本トリオ。
9R、吉田有希の首位で決まり。
10R、稲垣裕之―岡崎智哉。
11R、稲川翔を軸に近畿トリオ。
12R、輪界の1強、脇本雄太から買うか観戦のレース。

令和4年09月20日

令和4年9月20日
名古屋共同杯の最終日は台風14号は近畿迄と言う予報の元に強行開催。朝一から3~4メートルのバック向かい、ホーム追い風の中、きっとダメだろうと思われた先行は向い風の中を敢然と突入すれば4コーナーからの追い風に押されて逃げ切るレースが続出。
町田太我・眞杉匠・吉田有希・中野慎詞は将来性を感じさせる見事なもの。これを参考にしたのは女傑、奥井迪で、6番車なのにスタートを決めるや鐘から1周半を押し切り、ビッグ初Vで賞金210万をゲット。目下賞金女王と成り、グランプリトライアル(競輪祭)に3位以内で突入するのは確実なら、12月29日平塚ガールズグランプリの出場は確定。男も真似したのは、今年は大事な処でポカしてた郡司浩平、鐘で先頭に立つや、後の和田真久留・内藤秀久の援護を信じての逃げ切りVで2600万弱の賞金獲得でGPレースは5位に躍進。地元平塚でのGPを9割方決めました。これで4年連続出場。これも松浦悠士の捲りをブロックした和田真久留の仕事があったからなのかも。その煽りで平原康多・佐藤慎太郎は和田と共に落車するアクシデント、大怪我で無い事を祈るばかりです。

令和4年09月18日

令和4年9月18日
 台風14号の影響で九州の場外・サテライトは3日目に続いて4日目も大半が中止、それだけでなく今度は日本を縦断する予報なら本場開催そのものに影響が。やったとしても四国・中国・近畿の場にサテライトは大丈夫なのか。それで売り上げはモロに影響するので、80億前後の攻防か、もっと下で75億も考えられる状況。当然レースの方も影響されると思われます。4日目は11Rにガールズのティアラカップを持って来たのは売り上げに水を差すかも。決勝はオールラウンダー平原康多・松浦悠士・郡司浩平を軸に3分戦。記念競輪の決勝に毛が生えた様なメンバーに成りました。1着賞金は副賞を含め2600万なら、平塚GPを決めてない平原・郡司は絶対に欲しい金額。平原の自力には後輩、武藤龍生にラインの神山拓弥。松浦の後は柏野智典で2車。郡司は同県の和田真久留・内藤秀久を従えての逃げか捲りで優勝狙い。佐藤慎太郎のみが単騎。そこでの狙いは誰もが思ってる平原・郡司・松浦のボックス、狂っても3着に誰かゞ来るくらいだと思います。次の仕事は休まず小松島FⅠ、1日遅れで小倉ナイターFⅠに成ってるのでお付き合い下さい。

令和4年09月17日

令和4年9月17日
 名古屋共同杯の2日目は、自動番組にしては上手く行ってたのに、最後の最後で波乱が起こるとは。土曜にしては17億ちょいの売り上げは特別だと言う事を考えたら残念なのに台風14号の襲来、九州の場サテライトは3日目の中止を大半が発表、これが19日の祭日迄ズレ込むやもの心配が、何とか遁れて欲しいが願い。3日目からはやっと番組マンの腕の見せ処、準決3番は脇本が居る事で仮番をしてたのか、消えた事で発表するのは遅れ、出て来たのがこれでは売れるかは怪しいですが、高配当を狙う我々には大歓迎、しっかり予想をしてネット・E新聞のファンにヒントを提供。
1R、南関コンビで独占。
2R、何でもやれる伊藤颯馬。
3R、菊池岳仁と小川真太郎。
4R、山口拳矢の再勝。
5R、深谷知広ー小原太樹。
6R、荒井崇博より、狙いは小森貴大を使う稲毛健太。
7R、吉田有希から手広く。
8R、北津留翼・中野慎詞の両立。
9R、脇本雄太から福島コンビ。
10R、神奈川コンビに成田和也。
11R、清水裕友・太田竜馬の瀬戸内コンビに、平原康多・新田祐大。
12R、松浦悠士・古性優作の折り返しを再度。

令和4年09月16日

令和4年9月16日
 名古屋共同杯の初日は自動番組にしては番組マンが作った様な本命レースのオンパレードだったけど、自動と言う事でファンの喰い付きは悪く、昼間は単独だったのに16億を割ったのはガッカリ。2日目からは3連休でも前橋FIがスタートする以上に心配は大型台風14号の襲来、中止迄考えなければいけないのは3日目・4日目。明日辺りは余波で天気は崩れそうなのも。2次予選は自動にしては買い易いものばかりで、一般戦は番組マンが組んでるのでしっかりしたラインに成ってます。少しでも売り上げアップのため、全レースのヒントを。
1R:四国コンビが狙い
2R:荒井崇博の500勝
3R:山口拳矢汚名返上の捲り首位
4R:吉澤純平が人気ですが、狙いは橋本優己の捲り単
5R:深谷知広ー大槻寛徳
6R:岩本俊介から内藤秀久と渡部幸訓
7R:新山響平から埼玉コンビ
8R:展開不問で北津留翼
9R:吉田拓矢から中本匠栄・小倉竜二
10R:平原康多からですが、狙いは犬伏湧也・山田庸平
11R:古性優作・松浦悠士。新人中野慎詞の巴戦
12R:脇本雄太の首位で郡司浩平・太田竜馬・成田和也・嘉永泰斗の2・3着

令和4年09月15日

令和4年9月15日
1次予選・2次予選は自動番組が売りの共同通信社杯。今年はこれ迄ダービー・オールスターのビッグが開催されてる大都会名古屋の400バンク。バックは建物が無く、風が強く、追い風に成るか向い風かが勝負の分かれ目。これも自動の功罪なのか、開幕戦は何と福島の実力者4名、5着内(6着3人)迄が2次予選の権利ならガッチリスクラムを組むのでは。日頃の行いなのか主役の脇本雄太・古性優作・平原康多には勝って下さいのメンバーに成って居り、これなら本命党も思い切って勝負出来るのでは。他の8個はそれこそ訊いてみないと判らないメンバー構成。やっと我々の腕を見せる事が出来るのは楽しみ。私個人としては勝ち上がりだけでなく負け戦から全て、そして普段のレースも自動でやってくれないかなは願望ですが、これでは売り上げが落ちるでしょうし、施行の事を考えたら優秀な番組マンに委ねるのが一番なのかもと引き下がるしか。何れにしても1・2次予選は楽しみで予想するにはワクワクしてる次第。勿論、全レースヒントを提供して売り上げアップに貢献します。

1R、新田祐大から仲間3人。
2R、浅井康太の捲りに荒井崇博。
3R、太田竜馬から小倉竜二と佐藤慎太郎。
4R、犬伏湧也から総流し。
5R、山口拳矢から手広く。
6R、深谷知広・小原太樹。
7R、中野慎詞の頭狙い。
8R、古性優作から町田太我・渡邉雄太の筋違い。
9R、眞杉匠を利す郡司浩平。
10R、平原康多・吉澤純平。
11R、松浦悠士から柏野智典・瓜生崇智の折り返し。
12R、脇本雄太から近畿2人と橋本優己の2・3着。

令和4年09月11日

令和4年9月11日
 青森記念の最終日は、121期新人、中野慎詞の31連勝に注目集まりました。ほゞ先行1車で1番車にして貰ったのに、どうして前を取らなかったのか、作戦を立てた先輩2人の大失敗。前に成った清水裕友が肚を括くってハイペースで逃げ、3番手の郡司浩平は車間を空けて後方を警戒、6番手の吉田拓矢も前より中野ばかり見てた事で中野は捲り不発。3番手の郡司が捲りに行ったのを三谷将太が大きく持って行った隙を衝いた吉田拓矢が内を攻めて優勝。2着には郡司の後から和田真久留で郡司は3着でした。明日は福井FⅠの前検日で、小倉ナイター(ガールズ)が1日遅れでスタート。そして16日初日は名古屋共同杯に成ります。

令和4年09月10日

令和4年9月10日
 青森記念の3日目は、朝から豊橋の2人が当日欠場する不安なスタート。コロナの疑いはあっても現在は宿舎にしても分宿のホテルでも極力密に成らない様にしてる事が功を奏し、最終レース迄無事終了。4日目に欠場した松岡健介も風邪の症状とか、これ以上拡がらない事を祈るのみ。何故なら中3日で名古屋共同杯が控えてるからです。話題の新人、中野慎詞の落ち着きに強さは驚き以上、連勝を30迄伸ばしての記念初優出。新山響平ー内藤宣彦を連れての逃げ切り31連勝が私の狙い。郡司浩平には2度ともしっかり抜いてる和田真久留で、清水裕友を選んだのは三谷将太。そして吉田拓矢の一発に懸けたのは椎木尾拓哉ですが、S・Sの3人は似た者同士、中野とやり合えばどう成るかは承知してるのでは。次は12日前検の福井FⅠが昼間で、13日前検の小倉FⅠナイター(ガールズ)が私の仕事。そのまゝ共同杯に雪崩込みます。

令和4年09月09日

令和4年9月9日
 青森記念の2日目は、心配された落車に失格、そして事故キケンのレースが3件あり、不穏な空気が漂いましたが、今回の超目玉、中野慎詞は破格のパワーで2周押し切り連勝を29に伸ばしたのには驚き以上のものが、準決勝も当然人気を集めるのは間違い無し。S・Sの3人も1着では無くても準決には駒を進めました。売り上げは昼間単独に恵まれて12億4千万。3日目は裏で松阪FⅠがスタートしますが、土曜であり、最終日は日曜ならば、前回の岐阜記念はオーバーするのでは。3日目も全レースヒントを。
1R、不振者揃いですが有利なのは上越コンビ。
2R、今度こそ熊本コンビ。
3R、齋藤登志信・鈴木浩太の表・裏、3着は開坂秀明。
4R、人気は佐々木豪に九州コンビですが、狙いは一戸康宏の番手捲りに近藤俊明。
5R、北日本トリオが原田研太朗より上位。
6R、高橋晋也ー櫻井正孝。
7R、静岡コンビに柏野智典。
8R、中国コンビで独占。
9R、長島大介ー永澤剛 。
10R、新山響平の番手捲りに和田圭。
11R、中野慎詞の30連勝、後は内藤宣彦ですが、S・S吉田拓矢の2・3着。
12R、神奈川コンビが人気でも、穴なら菊池岳仁の押し切り。

令和4年09月08日

令和4年9月8日
 青森記念の初日は、当日欠場も出ず、落車・失格処か審議もゼロのクリーンレースの連続。話題の中野慎詞も苦しみ乍らでも連勝は28に伸ばした事で、2日目以降は楽しみ。売り上げは大垣FⅠの最終日が裏で重成った事で、10億をやっと越えた程度でも2日目からは楽しみ。実況の日本一、聞き易くて勉強されてる山本さんの名アナウンスも売り上げアップの要因では。2日目も売り上げアップのため全レースのヒントを提供。
1R、小畑勝広がズバリ狙い、押さえは櫻井正孝。
2R、道場晃規の頭から。
3R、鈴木浩太ー東龍之介。
4R、原田研太朗から中国コンビ。
5R、近畿トリオと熊本コンビは互角。
6R、高橋晋也の再勝。
7R、菊池岳仁ー神山拓弥。
8R、中野慎詞ー和田圭が人気も関東コンビは互角。
9R、新山響平ー内藤宣彦。
10R、吉田拓矢ー武田豊樹が人気ですが、北日本トリオは是非。
11R、清水裕友ー園田匠。
12R、郡司浩平ー松谷秀幸。

令和4年09月07日

令和4年9月7日
何とか売り上げ目標(50億)をオーバーした岐阜記念から3日後に初日を迎えるのは本州最北端の地、青森での記念。地元SS守澤太志が何等かの理由で欠場したのは残念ですが、SSは郡司浩平、守澤の代役清水裕友、落車後吉田拓矢ですが、それ以上は記念初登場の目下27連勝負け無しのニューモンスター中野慎詞が出走、この勢いで連勝を30迄伸ばして欲しいと願ってるのは私を含め競輪ファン。そこで売り上げアップをで全レースのヒントを。
1R、酒井雄多・佐藤和也。
2R、宮城コンビと自力の福永大智。穴で森山智徳。
3R、和歌山コンビと近藤隆司・松谷秀幸は五分の争い。
4R、人気は瀬戸内コンビですが、狙いは染谷幸喜の番手萩原孝之の頭。
5R、石塚輪太郎・三谷将太。
6R、取鳥雄吾・桑原大志。穴は北日本トリオ。
7R、内藤宣彦・櫻井祐太郎・柿澤大貴のボックス。
8R、佐々木豪から柏野智典ですが、穴は小畑勝広の首位。
9R、高橋晋也・武田豊樹。
10R、栃木コンビ。
11R、中野慎詞から永澤剛。
12R、郡司浩平から和田真久留。
そして夜は小倉ナイターFⅠの2日目。こっちも全力で取り組んでます。

令和4年09月04日

令和4年9月4日
 岐阜記念の最終日は、事故もなく熱戦続きでした。決勝は想定通りの展開に成り、平原康多と松浦悠士の争いに成り、脚を溜めてた松浦が富山記念同様、平原に勝っての連覇。3着には松浦に決めた大槻寛徳。明日は防府FⅠの初日で、小倉ナイターの前検日、どっちもしっかり頑張ります。

令和4年09月03日

令和4年9月3日
 岐阜記念の3日目は、土曜日と言う事もあり、13億近く迄売れたので、最終日の日曜は16億以上は見込めるとなれば一応成功なのかも。最終日は121期を7人集めた一発レースを9Rにしたのが悪い方に出ねば良いけど、全員が単騎では多分こゝで売上はダウンするのは間違い無し、それでも決勝戦は地元が3人、それもファンが大好きな2段駆けなら、本命の平原康多・松浦悠士より人気を集める事も。私の狙いは平原・松浦の折り返しに、番手捲りの山口拳矢と捲りを狙う岩本俊介の3着ですが。明日は防府FⅠの前検日で、小倉ナイターの前々検日でもあります。

令和4年09月02日

令和4年9月2日
岐阜記念の2日目は何とか11億近く行ったのは成功か。最終レースで大本命の松浦悠士が発走と同時にバランス崩して一人落車したのにはビックリでしたが、30メートルラインの手前だった事で自転車・身体を点検して15分後には元気に再乗しただけでなく、後続を引き離したのはSSの責任感だったのでは。3日目も全レースのヒントを。
1R、自ら単騎を選択した佐方良行の2連対。
2R、九州コンビで独占。
3R、数の力で南関トリオ。
4R、近畿コンビより狙いは山田諒の逃げ切り。
5R、近畿コンビが本命で穴は小川丈太の逃げ切り。
6R、走る以上は犬伏湧也。2・3着は筋違い。
7R、近畿85期コンビを。
8R、磯田軸の関東トリオ。
9R、こゝは徳島トリオ。
10R、山口拳矢の捲りを推奨。
11R、平原康多―眞杉匠で決まる本命戦。
12R、松浦悠士から筋の柏野智典と、筋違いなら中部コンビの2・3着。
夜遅くは小倉ミッド7個レース制。弟の解説でしっかり儲かって下さい。

令和4年09月01日

令和4年9月1日
 岐阜記念の初日は、心配されてた当日欠場が2人、急性咽頭炎と言う事でコロナの疑いはバリバリ、そんな不穏な中でスタートした売り上げは、モーニング・ナイター・ミッドナイト、そして昼間も通常より3割アップする1日と言う事で、12億をオーバーしましたが、2日目からは前橋FⅠが裏で重なるので、明日はガクンと落ちるのでは。2日目は早くも前半は7車に8車立ですが、何とか売ろうと番組は頑張ってるので、そこ迄大荒れはしないかと。協力するため全レースのヒントを。
1R、軸は大石崇晴に行ける佐伯翔。
2R、長田龍拳・清水剛志・徳永哲人の自力型のボックス。
3R、磯田旭から小原唯志。
4R、平尾一晃ー佐方良行の九州コンビ。
5R、小川丈太から濱田浩司。
6R、岩本俊介ー岡村潤と志田龍星の頭は五分の狙い。
7R、中本匠栄ー岩谷拓磨より、狙いは地元コンビ。
8R、犬伏湧也の首位で大槻寛徳と中部コンビの2・3着。
9R、山口拳矢・志智俊夫。
10R、佐藤慎太郎・眞杉匠。
11R、平原康多から山賀雅仁と山田諒が狙い。
12R、松浦悠士から高原仁志に、自力の山本伸一です。
 夜遅くは小倉ミッドの7個レース制。全レース自信ありなので、よろしくお願いします。