HOME>競輪歴54年のコーナー

競輪歴54年のコーナー

西暦年  月 

令和2年03月28日

令和2年3月28日
福井ウィナーズカップの3日目は、準決でも6億5千万弱では厳し過ぎるのは事実。世間はそれ処でなく、コロナ騒動で「競輪なんて」が当り前なのかも、私には死活問題ですが、もっと深刻な人ばかりでは、元気にしてる事に感謝すべきと思いますが、これが仕事なので精一杯取材しました。
決勝は4人で結束すると思われた瀬戸内は、柏野智典が中国ラインを盾に3番手を主張した事で、ほころびが、それで弾き出された原田研太朗は単騎戦でも、清水裕友と松浦悠士の絆は強固なので、清水が高橋晋也を粉砕したら松浦は出る事に成り、2・3着争いは単騎4人の争い。その中でも古性優作が有力視されます。

令和2年03月27日

令和2年3月27日
福井ウィナーズカップは新型コロナウィルスにやられ、初日よりやゝ下廻る売り上げとはショック。残り2日間でどんなに頑張ってもインターネット投票と電投では限度があるかも。終息するのは何時に成るか判らないので、幸い競輪客は少ないので室内でなく、解放したスタンド、そして空地に車券機を置いてオールドファンを呼んでも良いのでは、それはサテライト場も同じ、分別ある人に自己責任で用心して貰うしかないと思いますが、そうしないと日本そのものが破綻してしまう恐れも。要は人間を信じる事だと思いますが。
2日目の大ヒットは2Rで◎を付けた坂本健太郎の1着。後半3個は◎○でバッチリでした。3日目の狙いは。
1R、林慶次郎。
2R、山田久徳から筋違い。
3R、単騎の野田源一と才迫開。
4R、坂井洋。
5R、熊本コンビ。
6R、福島コンビと蒔田英彦。
7R、野原雅也。
8R、再度、坂本健太郎。
9R、井上昌己。
10R、郡司浩平。
11R、松浦悠士。
12R、清水裕友と岩本俊介。

令和2年03月26日

令和2年3月26日
福井ウィナーズカップの初日は昼間は単独開催なのに、6億を大きく下廻るとは大ショック。新型コロナは終息する処か猛威を奮ってるので無観客でインターネットと電投だけでは仕方ないかも。それでも選手は頑張ってます。せめて武雄記念からは通常通りを願い祈るしかありません。
初日良かったのは、高橋晋也・古性優作・松本貴治・宮本隼輔・野原雅也・新山響平・松岡貴久・郡司浩平・岩本俊介・清水裕友。
2日目の狙いは、
1R、坂井洋。
3R、山田庸平。
4R、山田久徳。
5R、黒沢征治。
6R、大阪コンビ。
7R、新山響平。
8R、野原雅也。
9R、高橋晋也。
10R、松井宏佑。
11R、松浦悠士。
12R、郡司浩平。

令和2年03月25日

令和2年3月25日
福井ウィナーズカップは新型コロナの猛威で無観客での開催。それで全場外場にサテライトも無期限の入場者ゼロ、e-shinbunだけのために福井で仕事してます。精一杯の新聞を作りますから熱心なお客さんは楽しみにして下さい。半年間の1着数で出場者を決めてる事で自力型が多いのが特長なので、力の差がある分番手捲りのレースが増えそうな気はしてます。このまゝでは4月は厳しく成ってますが、せめて月末の武雄記念からは通常通りにして貰わないと5月静岡ダービが心配、祈る想いです。

令和2年03月21日

令和2年3月21日
久留米記念3日制の2日目は、松阪FⅠ最終日がぶつかった事で初日より売れなかったのは残念ですが、番組そして記者係・審判・管理・検車と競技会は無観客でも奮斗してくれました。私はコロナと共に引退も考えてはいますが、彼等の頑張りを見て勇気を貰ったのは事実。2日目は狙い目が何本か的中したので、3日目も売り上げアップのために。
1R、荒川ひかりの連対。
2R、吉本哲郎・土井勲。
3R、佐藤幸治。
4R、石丸寛之。
5R、中島将尊。
6R、栗山俊介。
7R、神田龍から九州コンビ。
8R、岡山コンビ。
9R、竹内雄作から東龍之介。
10R、河村雅章の捲り。
11R、石井寛子。
12R、阿竹智史の優勝。

明日の夜遅くは熊本主催の小倉ミッドナイト。今回はチャレンジ4個。A級5個の9R制、こっちも弟と共に全力で頑張るので大いに楽しんで下さい。

令和2年03月20日

令和2年3月20日
久留米(トラック支援記念)の初日は、最終レースを9千万近く売った事で、目標の3億5千万弱は、現在の状況を考えたら成功だったのでは。無観客で場外発売ゼロ、インターネットと電投だけが頼みの厳しい3日間ですが、選手、そして競技会・施行と手抜きは一切無し。私も全力で頑張ってます。
初日に目立ったのはガールズの太田りゆに石井寛子。そして男は、近藤夏樹・久米康平・加倉正義・坂本修一・河村雅章。2日目はもっと投票して貰いたいので全レースのヒントを。
1R、太田りゆから蓑田真璃。
2R、石井寛子の連勝。
3R、中島将尊の首位。
4R、柳詰正宏・瀬戸栄作。
5R、久島尚樹。
6R、吉本哲郎。
7R、眞杉匠。
8R、上原龍。
9R、阿部大樹。
10R、阿竹智史。
11R、東龍之介。
12R、河村雅章が私の狙いです。

令和2年03月19日

令和2年3月19日
久留米で初めて開催される3日制のトラック支援記念。選手は2割減の賞金でも、コロナウイルスの影響で仕事を失った人の事を考えたら、賞金を貰えるだけでも、
無観客でもハッスルプレーを約束。私も厳しい立ち場ですが、ネット販売(E-SHIBUN)だけでも。
必ず来月にはファンが本場、場外場、サテライトに入れるものと信じて3日間頑張ります。ガールズが1・2Rで、3RからS級戦。予選は準決進出が2着権利の狭き門。
特選には前期S・Sの村上義弘・武田豊樹がぶつかります。
次の大一番、福井ウィナーズカップは赤字でも取材に行って、ネット販売(E-SHIBUN)のために頑張る予定。久留米・福井と楽しみにして下さい。

令和2年03月10日

令和2年3月10日
久留米FⅠを無観客でやり、初日の仕事を終えた直後にショッキングな報せが。政府の要望でJKAが下した判断は12日からは解放と発表してたのに、当分の間は場外場、サテライトは休催。本場は無観客を発表しました。楽しみにしていた松山記念は断念する事にしました。E新聞も場外場・サテライトが売らないでは売り上げも5分の1以下では採算が合わないので休む事に。福井ウィナーズカップも多分ダメ。小倉と久留米の開催は自分の持ち場なので新聞は作る予定。会社が持つかどうかコロナウィルスと総理大臣を怨むしかありません。

令和2年03月08日

令和2年3月8日
明日からの久留米FI(戸上守杯)。JKAの発表では、この開催迄が本場・サテライト共に無観客ですが、どうなるものやらとヒヤヒヤしてる中での開催。
前検日の取材はバッチリ、A級6個、S級5個、私なりに納得して貰える解説と予想はやれたと思うので、コンビニのマルチコピー機でE-SHINBUNからコンドルを出して貰える事を願ってます。
昨日終えた小倉ミッドナイトは、我ながら3日間ファンに喜んで貰える予想はやれたと自負しております。勿論弟の解説があっての事、売上げも5億なら大成功でしょう。
無観客で開催された玉野記念は、前回の奈良より裏開催が少なかった事でマシでしたが、落ち幅が少なかったボート、競馬と較べたら悲惨なものでした。
決勝はナショナルチームで鍛われてる新山響平が佐藤慎太郎の援護で逃げ切り、昨年青森以来の優勝。捲り追い込んだ郡司浩平も伸びて、珍しい同着優勝。
郡司は、5月の静岡ダービーが1月立川記念の失格で斡旋停止が決定して居り、4月迄は稼ぎまくるのでは。3番手捲りの清水裕友は佐藤慎太郎のブロックに敢え無く散りましたが、気配は上々、次のウィナーズカップは優勝してるかも。

令和2年03月07日

令和2年3月7日
コンドル紙を作っても発売する熊本本場、そしてサテライト・久留米・小倉競輪場は車券の発売禁止では悔しいですけど玉野記念は作る事を断念、イー新聞だけでは採算が合わず、従業員は休ませて自宅待機状態。正直言ってコロナウィルスのお蔭で干上がってます。一応12日初日の松山記念からはファンを入れるとJKAは発表してますが、更に深刻な状態では無観客は延長されそうな予感が、困ったものです。
早くお客さんを入れて欲しいが切実な願い。ファン一人一人が気を付ければ何とか成るんじゃないかと思いますが。現状、外出もまゝならず、日本の経済はストップ、私達みたいな職を奪われる人で溢れ返るのでは。首相は簡単に何でも発表しますが、その裏では泣いてる人も数知れないと言う事はきっと解ってないでしょうね。
小倉ミッドナイトは7日が最終日。9日初日の久留米FⅠ(戸上守杯)は無観客でもネットそして施行に頼まれてるので3日間何時も以上の物を作ります。

令和2年03月01日

令和2年3月1日
雨の中で開催された奈良記念の3日目、無観客もだけど同じ状況のボートそして競馬は1割ちょい減なのに、競輪はこゝ迄落ちるとは。奈良の施行はミッドナイトにナイター開催で潤っているからそこ迄のショックは無いでも、JKAはもっとインターネット投票のファンを増やす努力をする事か、そのためには魅力ある勝ち上がりにすべき。そしてマンネリしてる番組にもちゃんとしたアドバイスをやるべき、そうしないと取り残されてしまいますよ。選手は皆頑張ってます。仕上ってるのは平原康多が断トツで次が宮本隼輔。この2人は昨年7月の大垣記念決勝で対戦、宮本を平原が捉え切れずのワン・ツー、今度はどう成るか。平原には松谷ー伊勢崎ー萩原の南関。宮本の後は前を抜けない徳島同級生コンビ。地元三谷竜生は捲りでV奪取かと。私の狙いは平原です。
次の仕事は小倉ミッドと久留米FI戸上守杯。別府FIと玉野記念は新聞を販売する所が無いでは断念するしかありません、あしからず。