HOME>競輪歴54年のコーナー

競輪歴54年のコーナー

西暦年  月 

令和3年06月17日

令和3年6月17日
岸和田(高松宮記念杯)は新装成った競輪場で快晴の中、年金効果も期待されたのに単独開催だったにしては17億を割ったのは、東・西に分かれた事がファンには受けなかったかも。2日目は1R~4Rは何時も通りの東西混合で、はっきりしたライン戦に成ったのに、2次予選は東と西に分かれた事で何となくに成ったのは否めませんが、売り上げは別にして興味深いのは事実。予想も楽しいものが、それで思い切った私なりのヒントを。
1R、近畿トリオが人気ですが、そろそろで菅田壱道の捲りで、阿部力也の宮城コンビ。
2R、佐々木豪を得た小川真太郎。
3R、岡山コンビと北日本コンビに志智俊夫の2・3着付け。
4R、太田竜馬のパワー。
5R、大石剣士から手広く。
7R、村上義弘・寺崎浩平の本命戦。
8R、郡司浩平から筋違い。
9R、北津留翼から松浦悠士と皿屋豊。
10R、眞杉匠が狙い。
11R、山崎賢人。
12R、深谷知広の単騎捲りが狙い。
夜は小倉ミッドナイト(久留米)の初日、こっちもバッチリ、ガールズ2個は大本命でA級7個は面白いものばかり「コンドル」は頑張ってます。


高松宮記念杯の勝ち上がりは、昨日のブログで準決は東西混合と思い違いした様で、準決も東と西は分かれての2着権利(3着1人)だそうです。済みませんでした。それでも全体的には3日目の特選は1~7着迄は横滑りとか、極端なのがファン受けするのか、それともダメなのか、出来る事なら3連単主流を考えたら全てのレースで1~3着は一つ上に上がるにするのが一番と思いますが。4日制とか12個レース制で難しいんでしょうね。

令和3年06月16日

令和3年6月16日
2年間の大工事でリニューアルした岸和田波早バンク。改修工事は隣接したBMX場の影響で砂が入り、滑ると悪評だったのは払拭され、3コーナーから4コーナーのスタンドを解体した事で風向きが変わったのが先行に有利なのか、それとも捲り、追い込み向きなのかは走ってからのお楽しみ。高松宮記念杯は岸和田でやると決めた模様。初日は東西に分かれての1次予選5個と特選が1個。1予の勝ち上がりは5着迄で6着4人の緩いもの。1着は準決フリーパスの(白虎賞・青龍賞)進出。特選はそれで4着迄が東西の決勝で、準決は東西入り乱れての4個なので、2着権利(3着一人)の狭き門ですが、何となく勝ち上がりは無理しない方が得の様。これでは面白く無いと指摘した事もありますが、何を言っても馬耳東風なので、色々と言うのはあきらめました。絶対に昔の良き時代に戻る事はないのも原因の一つ。開幕戦は今年は西の番なのか1レースの1番車は117期の出世頭、山口拳矢。坂口晃輔・金子貴志で後を固めるのに挑むのは絶好調の北津留翼。山田庸平・井上昌己で固める九州の方が中部より協力が私の狙い。
2R、思い切って静岡コンビ。
3R、太田竜馬と地元南修二。
4R、宿口陽一。
5R、山崎賢人から筋違い。
6R、松井宏佑と鈴木庸之。
7R、前に成った中川誠一郎は近畿以上の狙いなので1着は互角以上。。
8R、木暮安由の2連対。
9R、近畿トリオ。
10R、佐々木雄一。
11R、古性優作。
12R、郡司浩平が私の狙い。
夜遅くは小倉ミッド(久留米主催)。1・2Rはガールズケイリン。1R、吉岡詩織。2R、高木真備。3R~9R迄がA級戦。全てのレース自信あり、◎○の全的を狙ってます。

15日の市議会で大西一史市長が3年後のオープンを目指し熊本競輪場を作り直す事を宣言。これで今年中には取り壊し作業が開始され従来の500バンクからコンパクトに400バンクで生まれ変わるとの事。民間に委託して年間2億円の利益を上げる見通しが立った事と、青少年の育成の場。そして災害時の避難所としても必要不可欠の結論に達成した模様。ナイター設備を整えてミッドナイトをやるとも聞いてます。元JKAの幹部だった一ノ瀬泰弘氏の尽力の賜かと。私もせめて元気な姿で、新しい競輪場で仕事してみたいの気持に成ってる次第。2度目のコロナワクチンも今月中に済みます。又再開の頃はコロナは完全に終息してると信じてます。特別3度Vでオリンピック2大会出場の中川誠一郎は、1学年後輩が市議(山本さん)と言う事もあり、熊本選手会の後盾に成って貰ってるそうで、毎回市議会を傍聴してるとの事。再開の喜びをテレビニュースで語ってました。これでやる気に成り、3年後もS級でに成ったそうで、今回の高松宮記念杯は楽しみ。何時もと違いシビアに攻める事を祈ってます。勿論熊本市競輪課の課長も奔走されたとの事。課一丸と成ってやっとこの時を迎えたのは、関係者の努力以上に、ファンの熱意があればこそ。その間の場外発売の施設充実も期待してます。ファンを繋ぐのも大事でしょう。

小倉(熊本市営)ミッドナイトはガールズ優勝は1周逃げ切った大久保花梨で、2着に中川諒子、3着は荒牧聖未。A級決勝は兼本将太が捲りで3連勝決めましたが、後を中村健志と地元城戸崎隆史が固めてくれた事を考えたら鐘で仕掛けても良かったのでは。尚、2着には白髪の大ベテラン小川巧で、3着は単騎捲りの藤井準也でした。

今年は協賛で4日制の記念が増え、スター不在の開催が2月の平、3月の奈良、そして今回の福井に松山ナイター。この後もナイター記念をやった場は、もう一度、S・S不在の記念が開催される事で決勝1~3着は競輪祭出場の特典が。福井からは柴崎淳・野田源一・合志正臣、松山からは町田太我・菊池岳仁の117期生に復活金子幸央。これで117期は山口拳矢・石原颯・町田・菊池に、寺崎浩平は点数で出ると思われるので、デビュー1年半でGIに5名が揃い踏み。8月迄まだ記念は目白押しなので、今年の競輪祭は大きく様変わりが。常連はウカウカ出来なく成りました。

令和3年06月13日

令和3年6月13日
武雄FⅠ佐々木昭彦杯は7車立にしては荒れました。A級決勝は魚屋・高木の後をスンナリの今野大輔が10秒9の捲りで今期初優勝。3度び後方に構えた會澤龍は10秒6のハロンでも3着がやっと。S級決勝は島川将貴の見え見え突っ張り先行で、5番手で無理しなかった嘉永泰斗が落車後とは思えない強烈捲りで今年初Vは3連勝、次の久留米記念が楽しみ。
今日は熊本主催の小倉ミッドの最終日。ガールズは4強の争いで、A級は兼本将太が完全Vに王手。仕事が詰まってる関係で次の高松FⅠは思い切って会社をオフにして、岸和田高松宮記念杯と小倉ミッドからFⅠ2連発に備えます。

令和3年06月12日

令和3年6月12日
衝撃的なニュースが飛び込んで来ました。岸和田・高松宮記念杯の主役の一人、平原康多が練習中の落車で左肘骨折の重傷。高松宮記念杯はこれ迄2度優勝してる得意な大会だっただけに残念としか。心技体そして容姿と非の打ち処が無い輪界トップの超スターのアクシデント。そう言えば何年か前も練習中に右手首を骨折したのに二ヶ月で復活、凄い努力をしたのか、その年もグランプリ出場は決めてるので、久留米記念・函館サマーナイトは厳しくても、平オールスターには元気に登場するものと思ってます。何をやっても華がある選手のアクシデント、復活を信じてます。

令和3年06月11日

令和3年6月11日
武雄FⅠ佐々木昭彦杯は、福井の協賛記念・岸和田FⅡ・弥彦FⅡに広島モーニングまで裏で重なった上に、レースカットで11個レース制、それも1・2Rは5車・6車にしては初日と同じ売り上げは健斗したのでは。
熱心な施行者のために少しでも売り上げアップを願い、私のファンに向けてヒントを。
1R、船曳義之。
2R、篠田樹から関東コンビ。
3R、阿部将大の逃げ切り。
4R、利根正明の番手捲り。
5R、小原周佑から手広く。
6R、3日目こそは、晝田宗一郎。
7R、須永優太から武田憲祐。
8R、捲りの青柳靖起と、筒井敦史・蕗澤鴻太郎の巴戦。
9R、原田研太朗は疑ったが良いかも。
10R、會澤龍から今野大輔・魚屋周成。
11R、狙いは山下一輝の差し切りと松川高大の番手捲りで松岡貴久。そして単騎山賀雅仁の捲りが私の狙いです。
夜中は小倉ミッドの初日、熊本開催なので売り上げて欲しいで、解説の弟と一生懸命頑張ってるので、コンドルを参考に車券を買って下さい、損はさせません。

令和3年06月10日

令和3年6月10日
武雄FIの初日は、全レース本命で決まるかと思ったら思わぬ展開もあり5割がやっと。それでもツボ所はしっかり的中させたので、合格点では。2日目はレースカットに成り大敗した中川貴徳と柴田功一郎は2日目3日目の賞金を貰って強制的に帰郷。売り上げは福井記念とぶつかり、残念な数字でしたが、私の所はこゝに絞った以上は全力で頑張ります。そこで私なりのヒントを。

1R、中井大介・才迫勇馬。
2R、尾崎悠生ー佐藤政利の本命戦。
3R、今野大輔・土井勉。
4R、會澤龍の捲り連勝。
5R、魚屋周成―佐々木翔一。
6R、古川貴之から山中貴雄と穴で原田泰志。
7R、小原周祐・五十嵐力。
8R、青柳靖起から晝田宗一郎。
9R、松川高大。
10R、山下一輝の2連対。
11R、原田研太朗から筒井敦史が狙い。

小倉ミッドナイトの初日はガールズもA級戦も自信あり、コンドルを参考にジャンジャン儲かって下さい。

今週は福井・松山のリレー記念は会社の都合上、無理と判断して武雄FⅠを作る事に。前検日から息子を取材にやりバッチリ。そして夜中は小倉ミッドナイト(熊本主催)が今日前検日、こっちは弟と頑張ってます。
私だけなら1日4本でも大丈夫ですが、そこ迄の人員も居らず、断腸の想いで記念を見送った次第。武雄は初日からA級は6車立が2個、1人欠場した事で2日目は1Rが5車で2Rも6車。S級も直後に高松宮記念杯を控え、期末と言う事もあり、欠場者が相次ぎ、主力の中川誠一郎・高橋晋也・山田庸平は居ませんが、S級点に勝負駆けの選手は必死、早坂秀悟は考えた運行で2着に残り、可能性を残しました。
高松宮記念杯もそうですが、期末は事故点そして1班を気にする選手も多く、スターでは浅井康太・三谷竜生は2度の失格で、今期もう一度やったら大変な事に成るので、これはハンデかも。そんなのも予想する上に重要、そこら辺りを踏まえて大胆な印を付け様かと考えてる次第です。

令和3年06月08日

令和3年6月8日
別府記念の決勝は、ダービー・全日本選抜・ウィナーズの特別決勝戦とは比較に成らない迫力満点の凄いレースが繰り広げられました。
スタートの位置が8番手に成った郡司浩平が松浦悠士と同時に赤板上昇、そこを話題の山口拳矢が村上博幸を連れて鐘前からスパートするや、
松浦はこれが「俺の走りだぞ」で、鐘4からスパートしたのを、山口拳矢はキッチリ合わせる大健斗。
そこを郡司は脚使ってたにも関わらず、2角捲りを決めたのを、終始マークしてた守澤太志が逆転して、5年前の久留米以来2度目の記念優勝。
余程嬉しかったのか、地味なハンサムボーイが派手なガッツポーズで喜びを表しました。
北津留翼もBSから凄いスピードで捲って来た時は、やったのではと思わせました。追った園田匠が3着入線。
何れにしても、売り上げウンヌンは別にして、4日間迫力あるレースばかりで、次の岸和田高松宮記念杯が楽しみ。
私の仕事は明日前検日の武雄FI・佐々木昭彦杯。現地に息子を派遣して、しっかりした新聞を3日間作るので、よろしくお願いします。

令和3年06月07日

令和3年6月7日
別府記念は豪華メンバーとJKA(九州地区)の頑張りで何とかしてアッと言わせる売り上げをと思ってましたが、新型コロナの影響には勝てず、又、裏で大宮FIがスタートした事もあり、目標の47億は厳しく成りましたが、番組の技術、そして記者係の奮闘には感謝しかありません。施行者の親切にはビックリ。毎月別府で大きな大会を催して貰いたいくらいです。期末に落車もあって又しても前半は6車・7車立に成りましたが、9Rにレインボーファイナルがある事でレースカットは免れました。レインボーカップは9人中8人が来期からのS級を決めて居り、3着内に入りたいのは山本巨樹だけですが展開は厳しく、狙いは単騎の小林令です。S級決勝はS・S3名に117期の超ルーキー山口拳矢が新境地を拓いて挑む注目の一戦。仕上ってるのは人間性、そして強さとプロとして全てを備えてる郡司浩平の仕上りは抜群。後は初日同様、守澤太志で、松浦悠士には何と大槻寛徳。九州は絶好調、北津留翼を先頭に園田匠・中本匠栄、そして記念初Vを狙う山口拳矢には「僕はこんなタイプは大好きです」の3連勝村上博幸。本命は郡司ですが、競輪界のためには山口拳矢が獲って特別に突入するのがベストだと思いますが。他のレースも凄いものばかり。売り上げアップのために。

1R、関東コンビ。
2R、南関コンビ。
3R、伊藤成紀。
4R、九州コンビ。
5R、望月一成。
6R、九州トリオ。
7R、松坂洋平。
8R、久木原洋。
10R、山本伸一。
11R、浅井康太と瓜生崇智です。
 夜は小倉ミッドナイトの最終日、こっちは弟(専務)が頑張ってるのを手助けします。狙うは◎○の全的中。信用して下さい。次の仕事は武雄FIです。

令和3年06月06日

令和3年6月6日
別府記念の2日目はこれが新型コロナの影響なのか、主な場にサテライトが発売自粛してる事もあり、これだけのメンバーそして番組の技術を持ってしても13億を割ったのは残念と言うより仕方ないのかも。ボートレースの勢いにやられているが、9車立の競輪はやっぱり違って、私には最高のギャンブルスポーツ。3日目からは平日で大宮FⅠがスタートする事もあり、目標の45億は厳しく成りましたが、それでも何とかしてやろうで興味津々の準決勝3番は秀逸の組み合わせに成ってます。
素晴らしい出来は郡司浩平に山口拳矢。次いで守澤太志・松浦悠士のSS。新山響平・諸橋愛・北津留翼も順調。そこで3日目も何とか売り上げアップを狙いヒントを提供しますが、5車立・6車立は競輪とは又違ったものなので、4Rからにします。
4R、捲りで一発狙うと公言した地元、大野悟郎。
5R、単騎表原周の2連対。
6R、望月一成の逃げから手広く。
7R、上田尭弥の番手、瓜生崇智。
8R、小川真太郎。
9R、松本貴治・高原仁志。
10R、浅井康太。
11R、郡司浩平から北津留翼。
12R、松浦悠士・山口拳矢の両立。
そして夜は小倉ミッドの2日目。こっちは◎○をひたすら狙ってます。

令和3年06月05日

令和3年6月5日
別府記念の初日は裏で豊橋FⅠ・和歌山新人リーグに高松モーニングが重なり、緊急事態宣言が延長された事もあり、主要都市の場にサテライトは軒並み発売中止でネット投票に頼った結果が10億4300万円の売り上げ。番組が上手かったのか、1Rから本命のオンパレード、11R迄的中したのは久し振り。特選はお祭りだったので外しはしましたが、すでに静岡GPを決めてる郡司浩平が不安を一掃する強力パワーで圧勝。次に目立ったのが、2周近く逃げた新山響平の出来の良さ。これを踏まえてか番組は2日目もマンネリ打破と手堅くの両面作戦で売り上げアップを狙ってます。日曜なので14~16億は絶対に欲しい処、そうすれば目標の47億は軽くクリヤーする事に。
そこで売り上げアップを狙い、ヒントを。
1R、矢口啓一郎・水書義弘。
2R、地元大野悟郎の2連対。
3R、南関コンビに近藤範昌。
4R、高原仁志から小川丈太。
5R、荒れムードなら思い切って無印、吉松直人の3連対。
6R、人気は徳島と京都コンビでも、100円でも良いから岩谷拓磨。
7Rは北津留翼を信頼すれば、小川勇介とのワン・ツーですが、松本貴治・岩津裕介も五分。
8R、新山響平から思い切って瓜生崇智。
9R、浅井康太が山口拳矢を残す。
10R、上田尭弥に成った中本匠栄が狙い。
11R、郡司浩平から九州コンビと柏野智典。
12Rは松浦悠士―園田匠の大本命レースを推奨します。

そして夜は小倉ミッドの初日、こっちは弟が頑張ってるので、コンドルとしては全レース◎○を狙ってます。思い切って勝負して下さい。

令和3年06月04日

令和3年6月4日
熊本は昨夜来から大雨、そんな中を別府迄、早朝に息子の運転で駆け着けたら親切で優秀な記者係のJKAさんは準備万端で迎えてくれました。抗原検査を終えてから仮番を貰い準備。何とかしてファンのハートを掴みたい番組が決めた開幕戦は2月末のこゝ別府で連日2周近くを逃げて初Vを決めた望月一成が1番車。後を北の実力者、和田圭に固めさせるサプライズ。3番手に金成和幸を配置した事で本命党に勝負して貰う魂胆。2Rは熊本のホープ瓜生崇智に115期、朝倉智仁をぶつけるだけでなく、吉本哲郎のラインを3人にした事で穴党の心を揺さ振るとは。本命は瓜生です。3Rは岩谷拓磨・菅原晃の九州コンビに格上、杉森輝大が捲りで立ち向かう趣向。4R、林大悟・小川勇介の北九州コンビが狙い。5Rは小川真太郎-岩津裕介に捲りの山田久徳の巴戦。6R、格上、稲垣裕之で勝てるメンバー。7R、中本匠栄が先制する宮本隼輔・久米良を如何にして攻略するか。8R、山本伸一に成った村上博幸に敬意を表した番組。9R、松本貴治-柏野智典のマッチレース。10R、上田尭弥・園田匠を久木原洋が捲るのが狙い。11Rは山口拳矢と才迫開の捲り合戦。12Rは、松浦悠士・阿竹智史が人気ですが、狙いはズバリ、単騎で捲る北津留翼。
同時進行は岸和田市主催の小倉ミッドナイト。チャレンジ4個にA級5個全てにちゃんとした自力型が◎を背負う巧妙な番組。弟がバッチリ取材して解説します。狙うは何時も通り2車単◎○の全的中。やってしまう気がしてなりません。昼は別府記念夜遅くは小倉ミッドナイトで大いに儲けて下さい。しっかりした情報はコンドルを参考にして下さい。損はさせません。