競輪歴54年のコーナー

平成30年01月18日

平成30年1月18日
大宮記念の初日は、この季節にしては珍しい風もない上天気で温度も20度近く迄上がり最高だったのに、売り上げは前回の和歌山記念の初日よりやゝ悪いとは、500バンクにしては番組の思惑通り本命で収まったのに残念としか。それもあってか2日目は、ひと捻りしたのは本命党にも穴党にも楽しんで貰える様に考えたメンバー構成。これは必要なのでは。地元を恵まされ過ぎた感は無きにしも非ずですが、何れにしても予想意欲をかき立たせるものには成ってます。
初日に目立って良かったのは、根本哲吏・清水裕友・稲垣裕之・吉澤純平・平原康多でした。
2日目の狙いは、
1R、西本直大。
2R、藤田昌宏。
3R、小沼良。
4R、藤井栄二。
5R、渡邊健。
6R、福島コンビ。
7R、渡邉雄太。
8R、柴崎淳。
9R、松岡貴久。
10R、吉澤純平。
11R、清水裕友。
12R、平原康多。

平成30年01月17日

平成30年1月17日
急に暖かくなった九州を離れて朝早くに大宮入りしたら、これが寒くて雨に成り、雪が降らないだけでも。それでも明日からの4日間は好天気の予報。
何時もの様に氷川神社でお参りをして競輪場に到着したら例年親切にして貰える女子従事員の方と元気に挨拶。これを楽しみに年に1度来てる様なものです。
今回の売り上げ目標は60億。前回の和歌山記念が53億強だった事を考えたら厳しいかも知れませんが、そこは地元のスーパースター平原康多の魅力でドーンと売り上げアップを期待したいものです。
私の体調はどうやら和歌山の寒さにやられたのか、去年成った「蓄膿」が再発したみたいで頭は重く、声もガラガラで選手に同情される始末、幸い熱は無いので大宮・小田原・松阪・広島と続く昼開催と小倉・久留米ナイターを乗り切る所存、応援して下さい。
そこで取材した中から狙い選手を。
1R、鷲田幸司の2・3着
2R、渡邊健
3R、山口貴弘
4R、小埜正義
6R、桐山敬太郎
7R、志村太賀
8R、西本直大
9R、清水裕友
10R、村上博幸
11R、佐藤慎太郎
12R、平原康多では余りにも当たり前過ぎてファンの方からは「誰でも知っとるわい」と叱られそうですが、人気するしないに関係なく眼は輝き、顔色も抜群で何と言ってもコメント振りが前向きだったので挙げてみました。

平成30年01月14日

平成30年1月14日
和歌山記念の優勝はこれ迄何度も挑戦して届かなかった地元東口善朋が、5番手に拘って仕掛けた後輩南潤が、武田豊樹のブロックで飛んだ三谷竜生にぶつかる前に内へ進路を取った状況判断が
バッチリで村上義弘の急追を振り切りVゴール。記念初Vは初めての85期生が遂にやりました。地味なガッツポーズに積年の想いがあったんでしょう、優勝インタビューは大粒の涙、地道な努力が報われたと言う事です。
3着には直近の事故点118点でも、らしさを発揮した菊地圭尚。平塚ダービー出場に一歩前進しましたが、まだ足りないとの事。この3着で競輪祭は決めました。
特昇2場所目の南なら逃げると踏んだのは単騎の郡司浩平に原田研太朗。あのまゝではと思った郡司は、追い上げれば下げて逃げると踏んだ南が何と郡司をどかして迄5番手に拘るとは、
単騎の3人だけでなく、結果は南が逃げて東口と予想されたファンは的中してもガッカリされたのでは。
111期生だからファンに感動を与えるスケールの大きい競争をこれからはして欲しいと願うばかり。

和歌山記念の最終日は2Rで心配してた合志正臣が津村洸次郎に離れただけでなく、又しても落車、どうやらくっついてない肋骨を又折った模様。この際じっくり休んで再起して欲しいもの。
熊本工業野球部の先輩、島田竜二は心筋梗塞で生死を彷徨ったのに半年間で治し、1月の平から復帰。2場所目の伊東ナイターでは決勝に乗ってました。
和歌山記念で練習仲間の西川親幸に訊いたら以前よりも練習してるし、体を動かす事で食欲が出たのか、病気する前より肥ってるとの事。本人は定期的に病院に行ってるから大丈夫と言ってたそうですが無理だけはして欲しくないは家族の願いでは。
それにしてもこの執念は凄いとしか。
今年の3月で大怪我して一年に成る市田佳寿浩には同期の島田の頑張りは励みに成ったと思うし、復帰した時は間違いなく前より強く成ってると思います。又、高校1年生の息子が恐ろしく強いとの評判も頑張れる要因。全国のファンは待ってます。
今夜は小倉ミッドナイトガールズ・チェレンジの7レース。
初日のチャレンジは111期生が全て1着でした。2日目もこの5人を軸に激しい攻防が繰り広げられるし、ガールズは千葉の石井貴子嬢が断トツ。
そして明日からは岸和田FⅠの初日。現地の競輪研究社の敏腕記者から全員の詳しい情報を頂き、それを元に作製させて貰いました。こっちの方も楽しみです。

平成30年01月13日

平成30年1月13日
和歌山記念の3日目も底冷えする強風が吹いてました。吹きさらしの熊本競輪場の場外発売は寒さとの闘いで、ファンはマークシートを塗れない状態との事。お願いですから寒さと暑さの対策は早急にして下さい。熊本市がダメならJKAが腰を上げて熊本の火を消さないためにもファンのために尽力して欲しいが老人の切なる願いです。
売り上げは3日間で35億弱、60億には到達するのは無理ですが、せめて55億近く迄はと思ってますが、この寒波に決勝戦のメンバーでは53億の攻防かと思います。
4日目も懲りずに狙いの選手を挙げてみます。
1R:力と力の両立、筒井から矢野
2R:津村洸次郎から手広く
3R:月森亮輔
4R:もう一度簗田一輝
5R:本命
6R:永井清史
7R:酒井拳蔵
8R:荻原尚人
9R:本命戦
10R:千葉トリオ
11R:諸橋愛
12R:菊地・郡司・原田のボックス
夜は寒さも風も関係ない小倉ミッドナイト初日、そして明日は研究社にお世話に成って岸和田FIの前検作業が私の仕事です。

平成30年01月12日

平成30年1月12日
和歌山記念の2日目は、初日より風は穏やかでしたが、初日はゼロだった落車が2件、それもあってか売り上げはほゞ単独開催にしては初日に毛が生えた程度とは低調。2日間で21億5千万。目標の60億に達すには、土日で38億5千万が必要に成りました。
3日目の番組で残念なのは輪界のホープ南潤を地元記念なのに、近畿の天皇、村上義弘に差し出した事です。村上は望まなくても南はスッ飛んで行くでしょう、若い芽を摘むとはこの事で、選手を育てるのも番組の仕事と思いませんか、ニュースターを待ち望んでる競輪界を考えたら、こゝら辺りの勉強はして欲しいもの。
松本貴治・山崎賢人、そして南の111期トリオには早い段階で大スターに成って欲しいからの願い。
3日目の狙いは、
1R、鈴木謙二。
2R、才迫開。
3R、野口正則。
4R、筒井裕哉。
5R、上原龍に竹山陵太。
6R、簗田一輝。
7R、成松春樹。
8R、島川将貴から手広く。
9R、北日本勢。
10R、香川雄介。
11R、郡司浩平。
12R、中川誠一郎。

開催日程

平成30年01月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1

別府競輪場
スポーツニッポン新聞社杯


静岡競輪場
日刊スポーツ新聞社杯
和歌山競輪場
和歌山グランプリ
岸和田競輪場
名輪会 第26回石田雄彦記念杯
大宮競輪場
東日本発祥倉茂記念杯
小田原競輪場
神静民報社杯争奪戦
松阪競輪場
蒲生氏郷杯王座競輪
広島競輪場
第31回古田泰久記念杯
場外2


立川競輪場
鳳凰賞典レース
























小倉 チャリロト杯 ミッドナイト スーパーナイター濱田賞 ナイター 富士通フロンテック杯 ミッドナイト 日刊スポーツ杯 ナイター ニッカン・コム杯 ミッドナイト
久留米 エンジョイスピードパークNR ナイター

平成29年12月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1
別府競輪場
別府八湯ゆけむりカップ

伊東競輪場
椿賞争奪戦



佐世保競輪場
九十九島賞争奪戦



広島競輪場
ひろしまピースカップ
大宮競輪場
関東C・サンケイスポーツ杯
平塚競輪場
KEIRINグランプリ2017

小倉 ケイドリームス杯争奪戦 ミッドナイト スポーツ報知杯 ナイター 楽天・Kドリームスカップ ミッドナイト オッズパーク杯 ミッドナイト 協和食品杯 ナイター
久留米 第32回西日本カップ

平成29年11月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
場外1
防府競輪場
周防国府杯争奪戦
名古屋競輪場
西日本カップ「中日スポーツ杯」


大垣競輪場
水都大垣杯


伊東競輪場
第28回 F1ジャパンカップ
和歌山競輪場
デイリースポーツ杯争奪戦




奈良競輪場
サンスポ杯争奪 平城朱雀賞

場外2






別府競輪場
第18回オランダ王国友好杯




















小倉 富士通フロンテック杯 ナイター ケイドリームス杯争奪戦 ミッドナイト 朝日新聞社杯競輪祭
久留米 エンジョイスピードパークNR ナイター

注目の最新情報をチェック!

facebookウォール