競輪歴54年のコーナー

平成31年01月23日

平成31年1月23日
松阪記念の前検日。今年は1月末の開催に成りましたが、そこまで冷え込んでないし、このまゝであれば目標の50億はクリヤーするのでは。
今年は10月に共同杯(GⅡ)も控えて居り、関係者は意欲満々、成功に向けて今から準備するとの事、楽しみです。
SSの三谷竜生に清水裕友が体調を崩して欠場したのは痛いですが、他の選手は元気一杯。私も防府・久留米ナイターと併行し乍らで、正直言って疲れのピークではありますが、これも仕事であればやり遂げるしかないの心境。体力は自信無くても勘は冴え渡ってるので4日間、解説・予想を期待して下さい。
1R、捲りのゲン、野田の頭狙い
2R、地元、神田龍
3R、伊藤裕貴の逃げ切り
4R、驚異のベテラン舘泰守
5R、長島大介
6R、坂本貴史
7R、南関トリオ
8R、神田紘輔
9R、筒井敦史
10R、竹内雄作
11R、大本命
12R、渡邉雄太
を推奨。
夜は久留米ナイターの2日目。こっちは全レースが狙いで自信あります。

平成31年01月20日

平成31年1月20日
大宮記念の最終日は500バンクらしいレースが展開されました。注目の決勝戦は男らしい矢野昌彦が赤板から発進した時は平原康多の番手捲りで神山拓弥とワン・ツーと誰もが思ったのに、
8番手捲りに下げた野口裕史が海老根恵太を連れての大カマシが決まり、切り替えた平原康多は仕掛けた時に橋本強が内線を切って海老根を掬った影響をモロに受けて失速。
外を踏んでた神山拓弥が大宮記念2度目の優勝でダービーの特選シードをほぼ決めました。2着は推奨してた志智俊夫が外強襲。橋本は内線斬りで3着失格。
夜は小倉ミッドナイトの最終日。大いに楽しんで下さい。
そして明日からは防府FI毛利元就杯。中川誠一郎・佐藤慎太郎のトップスターがS級で、A級には8場所で7回Vの藤根俊貴が登場。
リズムの久米さんに世話に成って、ちゃんとした新聞が出来上がりました。
明後日からは久留米FⅡナイター(ガールズ)。児玉碧衣の凱旋シリーズです。チャレンジは113期在校1位の橋本瑠偉。そして1・2班戦には埼玉の大ホープ113期・森田優弥の特進シリーズ。
圧倒的パワーで達成すると信じてます。

平成31年01月19日

平成31年1月19日
大宮記念の3日目は、13億を切ったのは手痛い打撃。これで目標の53億は絶望と成ったのは、1月からスタートした勝ち上がりに問題があったとしか思えません。改善するんでなく真の意味で、ファンの事を想うなら、もっと違った策がありそうなもの。経験不足の石頭でなく、経験がある柔軟な頭脳の持ち主が改革・改善はやるべきだと強く訴えます。
そこで4日目の狙いは、
1R、山信田学。
2R、佐々木龍と市橋司優人。
3R、佐川翔吾。
4R、谷口明正。
5R、不破将登 から中川博文。
7R、地元コンビ。
8R、山中貴雄。
9R、中西 大。
10R、山崎芳仁。
11R、山崎賢人。
12R、平原康多と志智俊夫です。
夜は小倉ミッドナイトの2日目、勿論自信あるので、コンドル紙を参考に今日もジャンジャンバリバリ勝負して下さい。そして明日は防府FⅠの前検日、リズムの久米さんにお世話に成ります。1日遅れて久留米ナイターFⅡ、ガールズと仕事は永遠に続きます。

平成31年01月18日

平成31年1月18日
大宮記念の2日目は冷風が吹くバンクコンディションの中、激斗が繰り広げされました。売り上げは想定通りで2日間の計は19億。目標の53億を売るには残り2日間で34億が必要、やってくれると期待するしか。
初日より2日目そして3日目と荒れそうなレースが増える事でワクワクしてます。
取材はバッチリなので如何にしてこれを生かすかは私の技量、頑張ります。
1R、松崎貴久
2R、地元コンビ
3R、西田雅志の3連対
4R、長野コンビ
5R、地元コンビ
6R、庄子信弘
7R、佐藤幸治
8R、今度こそ吉本哲郎
9R、荻原尚人
10R、山崎芳仁
11R、志智俊夫
12R、平原康多
そして夜遅くは小倉ミッドナイトの初日、コンドルを参考に勝負して下さい。

大宮記念の初日は、裏でFⅠの3日目が3ヶ所もあったのに8億8千万。明日は川崎・奈良のFⅡが裏でありますが、10億突破は確実な状況。初日は1次予選は全て本命で入れる様に組んでましたが、決まったのは8・9・11Rの3個。大口ファンはしこたまやられたのかも。逆に高配当を狙うファンには、この制度でもチャンスありと思われたのは逆に良かったのかも。
特選は平原康多は4着でしたが、一押しの郡司浩平は1着で私の予想は穴目でバッチリ的中させました。2日目も精一杯堅いレースを作ってますが、前半3個は荒れムード。
1Rの狙いは、山中貴雄。
2R、柿澤大貴。
3R、松崎貴久。
4Rは、本命戦。
5R、埼京コンビ。
6R、佐藤幸治と矢野昌彦。
7R、谷口明正。
8R、吉田茂生。
9R、郡司浩平から手広く。
10R、吉本哲郎。
11R、山崎芳仁。
12R、平原康多から荻原尚人の2・3着が狙い。

平成31年01月16日

平成31年1月16日
別府の2日目と大宮記念の前検日が重なり、ハード過ぎますが、別府は息子と小倉ミッドを終えたばかりの弟(専務)が仕事してくれてるので私は原稿を書くだけで大宮の取材に集中しました。
今年の記念は立川・和歌山を経験してるので取材と新しい勝ち上がりにも慣れました。1次予選迄は1~4Rは右か左かで少しは面白いですが、5Rの守澤太志、6R吉田敏洋、8R志智俊夫、10Rに至っては原田研太朗・橋本強で3着も西岡拓朗でガチガチの本命戦。7Rは◎の天田裕輝が捲り主戦なだけに吉田茂生・渡邊健の付け入る隙も。9Rは野口裕史がまだ安定性を欠くし、初めての渡邉晴智が付け切れるかどうか。11R神山拓弥に人気集中ですが、新山将史・須永優太は気に成るコンビ。
ちなみに1R、大瀬戸潤一郎は3着内には。2Rは荻原尚人。3R田中誠。4R高原仁志が狙い。特選は近畿・関東の2段駆け合戦なら単騎郡司浩平と山崎芳仁が狙い。山崎賢人も園田匠が後であれば。
尚売り上げ目標は53億との事ですが、初日は裏でFⅠが3場所もあっては大苦戦。2日目からが勝負に成ります。

小倉ミッドナイトで長州の若者が物凄い内容で特進を決めました。古川宗行の逃げ、渡辺正光の再三再四に渡るブロックで何度もバランスを崩しても立て直し、力で行ったら4コーナーで古川に強烈な一発を貰い、落車したかと思ったのに、最後は執念で決めたのにはビックリ。同級生の清水裕友に肩を並べる日は近いかと。本人はS級に上ったら脇本雄太みたいな逃げをやりたいとは全てに楽しみな若者、輪界の救世主として頑張って欲しい真のホープです。

別府FⅠは後半に成り、特有の強風が吹き荒れ、選手を悩ませましたが、選手は元気一杯。ヒットは加倉正義が合志正臣を抜いての2着。その他のレースも合格点は貰えたと思います。私は別府2日目の仕事を現地から息子の情報を元に作り上げましたが、明日は大宮記念の前検日なので、前検日の仕事と別府最終日の仕事をやり遂げる事にします。

開催日程

平成31年01月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1 岐阜競輪場
岐阜新聞・岐阜放送杯
立川競輪場
鳳凰賞典レース
奈良競輪場
西日本C e‐SHINBUN杯
和歌山競輪場
和歌山グランプリ
別府競輪場
第12回都ネクタイ杯



防府競輪場
第48回毛利賞争奪戦
松阪競輪場
蒲生氏郷杯王座競輪
岸和田競輪場
名輪会 第27回石田雄彦記念杯

玉藻杯争覇戦
場外2















大宮競輪場
東日本発祥倉茂記念杯











小倉 楽天・Kドリームスカップ ミッドナイト オッズパーク杯 ミッドナイト オッズパーク杯 ミッドナイト スーパーナイター濱田賞 ナイター
久留米 エンジョイスピードパークNR ナイター

平成30年12月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1




広島競輪場
ひろしまピースカップ
宇都宮競輪場
デイリースポーツ杯
伊東競輪場
椿賞争奪戦
高知競輪場
西日本カップ・坂本龍馬杯

佐世保競輪場
九十九島賞争奪戦
松戸競輪場
F1ジャパンカップ・鈴木誠杯
静岡競輪場
KEIRINグランプリ2018

小倉 スポーツ報知杯 ナイター 日刊スポーツ杯 ナイター ニッカン・コム杯 ミッドナイト 富士通フロンテック杯 ミッドナイト ミッドナイト
久留米 エンジョイスピードパークNR ナイター 第8回ホークス杯 ナイター

平成30年11月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
場外1 防府競輪場
周防国府杯争奪戦

立川競輪場

取手競輪場
水戸黄門賞


武雄競輪場
西日本カップ第20回井上茂徳杯








和歌山競輪場
デイリースポーツ杯

小倉 DMM競輪杯 ミッドナイト Kドリームス杯 ミッドナイト 朝日新聞社杯競輪祭 ナイター
久留米 エンジョイスピードパークNR ナイター エンジョイスピードパークNR ナイター

注目の最新情報をチェック!

facebookウォール