競輪歴54年のコーナー

令和元年05月19日

令和元年5月19日
宇都宮記念の最終日決勝は、1番枠の長島大介が前を取った事で9割以上は南関東の分断は明らかだったので、渡邉雄太は逃がして捲りでも良かったのに、やった事は赤板発進。
何とか踏んで長島は必死に飛び付き、近藤と激しく競り合い、後も神山と小埜で競り合い。早駆けの渡邉がタレた処を、浅井が後尾一半捲りを決めた時は優勝と思われたのに、
そこに飛び付いたのは不死鳥、村上義弘、44歳とは思えぬ脚力で4角から一気にスパート。終始後に居た菅田が2着で、終わってみれば単騎3人で上位独占するとは、500バンクならではでした。
それにしてもダービーで脇本雄太に2度千切れ、心身共にズタズタにされた男の晴れ姿、世代交代はまだ早いのかも。凄いレースでした。

令和元年05月18日

令和元年5月18日
宇都宮記念の3日目は、13億に届かずで、3日間の計は30億8306万5500円、目標の50億には19億2千万が必要に成りました。これを踏まえてJKAは勝ち上がりだけでなく、色々と考える事があるのでは。6月のルール改正は楽しみの方が多いのに、12個R制でなく10個にして中味の濃いレースをファンに提供するのも一つの策では。現在はミッドナイトで輪界全体が潤ってるんですから思い切った事をやるべき時なのかも。
4日目の決勝は南関4人に、関東2人で単騎は3人共が格上の実力者。南関は渡邉雄太を先頭に近藤隆司・小埜正義・勝瀬卓也が私も推奨、4人のボックスから。地元は長島大介に神山拓弥、そして単騎はS・Sの浅井康太・村上義弘にGPを狙う菅田壱道。地元の2人が南関分断に行った時に狙いたいのは来月が一ヶ月休みに成る浅井の優勝です。次の仕事は22日初日の伊東FⅠと久留米ナイターFⅠに成ります。どっちの方もよろしくお願いします。


宇都宮記念の2日目は、これが平日なのか10億を割ったのは新しい制度(勝ち上がり)に問題があったのでは、選手も口を揃えて「これでは売れないでしょう」はごもっとも。1予の5着権利はあまりにも緩すぎて、選手も戸惑うとの事。早く元に戻す勇気も必要なのでは。3日目の土曜からは裏開催が静岡FⅡだけならば、2日間でドーンと売りたいものですが、この2日間思わぬ荒れ方をしてる事で、ファンの懐具合が心配です。2日目に目立って良かったのは新フレームを修正した松岡孝高に、捲りを決めた長島大介、又しても中を突き抜けた勝瀬卓也に、南潤を突っ張り切った野口裕史、死に体から2着に突っ込んだ渡邉雄太。
3日目もコンドルファンのためにヒントを。
1R、石塚孝幸。
2R、飯嶋則之。
3R、竹山陵太の200勝。
6R、松岡孝高。
9R、渡辺十夢。
10R、佐藤慎太郎と勝瀬卓也の3連対。
11R、中部コンビ。
12R、平原康多。
岸和田FⅠの決勝でゴール寸前で落車した山崎賢人の怪我は心配。骨折してなければと案じるばかりです。

令和元年05月16日

令和元年5月16日
宇都宮記念の初日は番組のヒットで、1Rは売れたけど結局は裏開催(FⅠ2場)にやられて後半は伸びず、9億を割りましたが、2日目は富山FⅠが終わったので、岸和田FⅠの最終日があるだけなので、10億はオーバーするのでは。初日のサプライズは、8Rで浦川尊明の1着、ひょっとしたら払い戻しかと思ったら売れてた様で3連単、87万4680円。2車単、12万6090円とは少な過ぎ。初日に強かったのは、河合佑弥・北津留翼・原田研太朗・和田健太郎・勝瀬卓也・伊藤信。これを踏まえて2日目は売り上げアップのためにヒントを。
1R、北野良栄を少々。
2R、小笹隼人の連対。
3R、鹿内翔の単。
4R、大崎飛雄馬。
5R、本命戦。
6R、松岡篤哉。
7R、山本直。
8R、長島大介。
9R、渡辺十夢と勝瀬卓也の2・3着。
10R、佐藤慎太郎。
11R、菅田壱道と野口裕史。
12R、伊藤信の3連対。

令和元年05月15日

令和元年5月15日
平塚記念の最終日は裏でFIが2場所あった事で13億を割り、関係者はガッカリ。
決勝も折角松井宏佑が大カマシを敢行したのに、番手の和田真久留は付いて行くのがやっとだったのか、番手捲りに行けず、そこを松岡貴久に内を掬われる大チョンボ。
その展開を読んでた松岡健介が捲りを決め、村上博幸の急追を振り切り、記念2度目の優勝。腰ヘルニアの手術を2度もやった苦労人の優勝は、3連単34万強の特大配当でした。
小倉ナイターはパーキンスとドミトリエフが無傷で優出。パーキンスがドミトリエフの番手に成った事で優勝濃厚ですが、日本人も強力なので必見の決勝戦。
今日は宇都宮記念の前検日。歴代の当地記念優勝者をピックアップして呼んでるそうです。売上げ目標は50億ですが、初日の木曜日は、裏で富山FIが最終日で、岸和田FIは2日目では大苦戦ですが、
番組の力で何とかせんと、開幕戦に113期の超新星河合佑弥と、格上近藤隆司をぶつける粋な組み合わせ。2Rを大乱戦にして、3Rに竹内雄作。4R稲垣裕之。5R原田研太朗のビッグネームが登場すれば、
6Rは野口裕史、和田健太郎の千葉コンビにして本命党を喜ばせる趣向。7Rに厳しい状況の神山雄一郎を配置、前で頑張るのはラインの新星伊早坂駿一。
8Rは地元の長島大介が好きに走れるメンバー。9R園田匠が後輩林大悟を初めて使える思いやり。10R南潤に稲川翔。11Rは吉田拓矢に神山拓弥ですが、狙いは絶好調の伊藤信。
メーンの12Rは中川誠一郎が渡邉雄太を指名するハプニング。それで渡部哲男は自力ではない中川には行かず、S・Sの浅井康太・村上義弘と同じ単騎戦に成る興味深いレース。
私の本命はブレる事なく中川誠一郎です。

令和元年05月13日

令和元年5月13日
平塚記念の3日目は、裏で高松FⅠが始まった事もあり、やっと10億越えで3日間の計は36億。目標の52億には最終日は16億が必要に成りましたが、平日でもあり裏開催もあっては、せめて14億をオーバーして50億を突破して欲しいが関係者の願い。3日目は大荒こそしませんでしたが、仲々本命で決まらなかったのは事実、救いは2日目に頻発した落車がゼロだった事です。準決勝に南関東が大挙してたので9人全て南関東かと思いましたが、そこ迄はでも5人ならばやった方でしょう。注目の並びは平塚をホームにしてる和田真久留と松井宏佑は結束する事に成り、前に成った松井は先月の川崎記念同様、自ら死に役を買って出た事で、真久留は番手から出る事に成り、3番手の郡司浩平は全力で抜きに行けば多分優勝でしょうが、そこは真久留とは同期でもあり、援護を優先して抜いてしまったと言う事が押さえ。中村浩士・岡村潤は何も言わず4・5番手を固める事に。しかしS・Sの村上博幸に任された松岡健介は自力か南関分断を考えてるし、松岡貴久に任された一番強い、清水裕友も自力か鬼と成って南関5人を分断するかはあく迄も展開次第との事です。
売り上げアップのためにコンドルのホームページを楽しみにされてるファンに全レースの狙い選手を。
1R、単騎の久島尚樹と佐藤雅春。
2R、上吹越俊一の番手戦。
3R、中村一将の捲り爆発。
4R、北日本コンビ。
5R、三上佳孝の2・3着。
6R、吉田茂生。
7R、久留米コンビ。
8R、藤田勝也。
9R、地元コンビ。
10R、山岸佳太。
11R、大槻寛徳を狙って下さい。
そして夜は小倉ナイターの2日目、初日は善戦健斗したので、自信はあります。昼も夜もコンドルでお楽しみ下さい。

開催日程

令和元年05月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1 松戸競輪場
日本選手権競輪
奈良競輪場
チャリロト杯 まほろば賞


平塚競輪場
湘南ダービー

宇都宮競輪場
ワンダーランドカップ


伊東競輪場

全プロ記念競輪


豊橋競輪場
中日スポーツ昇龍杯争奪戦
小倉 楽天・Kドリームス杯 ミッドナイト ホークス杯 ナイター オッズパーク杯 ミッドナイト
久留米 エンジョイスピードパークNR ナイター エンジョイスピードパークNR ナイター

平成31年04月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
場外1 岸和田競輪場
日刊S70周年名輪Cヤマセイ杯
武雄競輪場
大楠賞争奪戦
福井競輪場
スポニチ杯 フェニックスカップ
高知競輪場
よさこい賞争覇戦
前橋競輪場
日刊スポーツ杯・鈴木保巳M
川崎競輪場
桜花賞・海老澤清杯ナイター
大垣競輪場
西日本カップ・サテライト姫路賞
伊東競輪場
国際自転車トラック競技支援競輪


日本選手権競輪
場外2
















静岡競輪場
南関カーニバル・スポニチ杯










小倉 創刊50周年記念夕刊フジ杯 ナイター トータリゼータ熊本杯 ミッドナイト チャリロト杯 ミッドナイト
久留米 エンジョイスピードパークNR ナイター エンジョイスピードパークNR ナイター

平成31年03月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1 玉野競輪場
瀬戸の王子杯争奪戦
別府競輪場
ジャパンカップ・日刊スポーツ杯
松山競輪場
金亀杯争覇戦
前橋競輪場
サンケイスポーツ杯

防府競輪場
国際自転車トラック競技支援競輪
名古屋競輪場
大垣競輪場
ウィナーズカップ

福井競輪場
サンケイスポーツ杯越前春の海賞



小倉 東スポWEBカップ ミッドナイト 九州スポーツ杯 ナイター チャリロト杯 ミッドナイト 第1回小倉濱田翁カップ
久留米 日本モバイル照明杯 ナイター

注目の最新情報をチェック!

facebookウォール