HOME>競輪歴54年のコーナー

競輪歴54年のコーナー

平成年  月 

平成30年07月15日

平成30年7月15日
常軌を逸する猛暑がこの先一ヶ月近く続くとの予報に選手の方も冷静さを欠いたのか、昼間の岸和田FⅠ、夜の松戸サマーナイトは一番あってはいけない落車のオンパレード。特に3・3バンクの松戸は今回だけでなく何時もの事なのは、10月の大一番、前橋寬仁親王牌が心配でなりません。
売り上げは2日間で24億では目標の45億は到底無理で、11月の小倉競輪祭ナイターが思いやられます。ガールズは9秒6のハロンを叩き出したワールドパワーの小林優香が飛び抜けてるのに対し、男の方は中部が2段駆けムードに成り、昨年の平オールスター決勝のやり直しが成功するかに興味は集中。深谷知広を使える竹内雄作が番手捲りをすればリベンジ成功と成り、浅井康太の2着で決める事に成りますが、平原康多・古性優作・渡邉一成が易々とさせる事は考えられず、不器用の典型、竹内雄作が番手ではが正直な予想。そこで平原康多ー中村浩士を狙ってみた次第。何れにしても16日の祭日海の日は昼間は、吉澤純平の完全Vが濃厚な岸和田(西日本カップ)で、夜はサマーナイトフェスティバルの最終日。全力でコンドル紙を作り上げました。

平成30年07月14日

平成30年7月14日
昼間は岸和田FⅠ(西日本カップ)、夜は松戸サマーナイトフェスティバル(GⅡ)のダブルヘッダー、どっちもガールズがあっての12個レース制。何とか終らせた時は日付けが変わる寸前。零細企業にはきついものが、社員全員が寝不足。やるならナイターの終わりをせめて夜8時前にして、昼間は青森FⅠみたいに、サマーナイトの1R前には終わらせるかして貰えれば助かるし、早くコンドル紙を街中のコンビニ、全国のコンビニ(マルチコピー機)で販売する事が可能、そうすればもっと売り上げに貢献出来るものと自負して居ります。
サマーナイトの売り上げ目標は45億。初日は11億5千万弱は多かったのか少なかったのか微妙な数字、それにしても初日はガールズを含め、手に汗を握る好レースの連続でした。昼間の岸和田がガールズを除いたらほゞ本命か狙い目で的中させたので2日目も本命党は昼間で、穴党は夜間を狙ってみたらどうでしょうか。
サマーナイトの狙いを少々。
1R、梶田舞。
2R、鈴木美教。
3R、小林優香。
4R、池田良。
5R、原田研太朗。
6R、柴崎淳。
7R、早坂秀悟。
8R、小川真太郎。
9R、金子貴志。
10R、深谷知広。
11R、竹内雄作。
12R、太田竜馬。
に注目して下さい。

平成30年07月13日

平成30年7月13日
これまで経験した事が無い大雨にズタズタにされたのは九州かと思ったら被害が集中したのは競輪選手も多い岡山県は倉敷市に広島県の市街。これに愛媛県の宇和島も土砂崩れに洪水で死者は200人に達し、行方不明者も多く、競輪処で無いのが現在の日本国ですが、待ってはくれません。雨の後は猛暑、それも人間の体温に近い35度以上が暫くの間続くとの予報。
熊本競輪の設備が悪い場外場に命懸けで来る日も来る日も通って来られる70歳を過ぎた熱心なファンには感謝しかありません。
そこでお願いは早く熊本競輪場の正面大スタンドを早く改修してファンに開放して貰う事、開催するよりこっちの方が大事でしょう。
バンクとかミッドナイトの照明とかはそれからの話、もっとファンを大事にして下さい。

平成30年07月09日

平成30年7月9日
今回の小松島記念は施行者そして選手も大変でしたが、何時も記者係としてお世話して貰ってる重森さんは自宅が広島だそうで、
床上浸水と大変だったにも関わらず、帰らず3日目迄私達の世話をして貰いました。大変な事です。
私もうずしお(特急列車)が不通に成った事で、高松の競輪毎日の社長で、四国地区の専門紙の世話をして貰ってる梅田さんに高級車で下道を走り、高松のホテルに送って貰い、
そこで伊東FIの仕事をやり、次の日にマリンライナーで岡山に行く予定が、瀬戸大橋線は完全不通で、前検の仕事は再度高松のホテルと、小倉に缶詰状態だった弟(専務)が午前中に帰ってたので、小田競さんの情報を元に何とか作り上げました。
それで、どうしようかなと思っていたら、親切な梅田さんから電話があり、フェリーとバスを使って高松FIの仕事に関西の記者が来れたとの連絡が、
それで高松駅に「9日はどうか」と尋ねたら「厳しいでしょう」と言われたので、ホテルをキャンセル(勿論お金は返ってきません)して、夕方5時5分の便で宇野港に行ったら、宇野線も不通で、バスそれもほゞ満員の状態で岡山駅へ、何とか19時34分の「みずほ」に間に合い、22時に熊本駅に着きました。
こんな大変な事はそう経験する事は無いし、親切に感謝した次第。熊本で何もなかった様な猛暑の朝を迎え、小田競さんにお世話になり伊東の仕事をします。
私の留守中に前期限りで力尽き矢折れて、引退する事に成った大親友の久冨久貴(50期)が奥さんを連れて事務所に挨拶に来たそうです。超真面目で、これ程律儀な男は居ません。
どれだけ世話に成った事か、奥様は「もう怪我を心配しないで済む」とほっとされてたそうです。そうでしょう、第2の人生は子供さん2人共に結婚して御孫さんも居りしっかりしてるので、
暫くの間はゆっくりして嫁さん孝行をすればと思ってます。「お疲れ様でした」。それは、降級第一戦の名古屋で優勝した加倉正義も同じだと思います。頑張って下さい。
私も引退してゆっくりしたいですが、周りの状況がそうさせて貰えません。生活のために倒れる迄走り続けます。
尚小松島は何とか50億に達したのは施行の執念だったのでは。優勝は一昨年富山で同期木暮安由を目標に記念Vの牛山貴広が鋭く抜け出し2度目のV。
私が推奨した守澤太志は3着で、競輪祭の権利を取得しました。

平成30年07月07日

平成30年7月7日
小松島記念の2日目は信じられぬ大雨の影響で中国の場にサテライト、そして小倉・久留米の場外発売はやれず、本場も雨で選手は滑る危険との闘いに成り、問題を提起する1日でした。
それで売り上げは土曜で12億ちょっと、3日間の計は32億3千万強では目標の55億は厳しく成りましたが、自然には勝てなかったと言う事です。
決勝戦は見逃せないメンバーに成りました。9人全員が優勝のチャンスと思ってる大激戦。私の狙いはズバリ輪界一デンジャラスな闘将、守澤太志の3連対です。

平成30年07月06日

平成30年7月6日
小松島記念2日目は終日雨でしたが、売り上げは初日と変わらなかったのは、九州・近畿が大雨で被害続出を考えたら大健斗だったのでは。正直言って私の心境は九州の大雨が心配で競輪処ではですが、開き直って取材は何時も通りにやりました。選手全員が雨でバンクが滑ると口にして居り、明日も明後日も雨予報、大量落車が起こらない事を祈るしかありません。レースの方も如何にして雨バンクを克服するかに成ります。そこで狙いをと何時もなら自信を持って推奨するんですが、この天候では運がある者、そして落車を恐れぬ選手を狙って下さい。

小松島記念の初日は、雨はそこ迄酷くは無かったんですが、風がありバンクが滑り易く成った事で選手はおっかなビックリ、それもその筈で退避した誘導員が1度ならず2度も滑って落車したのは前代未聞の珍事、競輪歴60年の私も初体験でした。それもあって堅く収まる筈のレースが何個か荒れた事もあり、特大配当が半分近く、それもあってか裏はFⅡしかなかったのに、10億がやっとは前回の宇都宮記念と同じ。目標設定が低いのだけが救いです。2日目も雨が心配ですが、S・Sの2人が2予に回った事で2次予選は本命レースの様相。メーンの優秀に至っては地元が4人に、柏野智典迄5人で連携する鉄璧の布陣、全員が準決ならば、山田英明もそこ迄邪魔はしないし、太田竜馬の番手に成った原田研太朗とは高松宮記念杯で連携したばかりでは。太田が逃げて、原田ー小倉ー高原ー柏野ならば、本命を買うか見送るしかないレースに成ってます。本命ばかりがファンに受ける事を祈ってます。

平成30年07月04日

平成30年7月4日
小松島記念の前検日は、台風の影響もなく例年通りの猛暑、これでは明日からの本番は心配で熱中症に成らない様に気を付ける事にします。今回の目標は55億との事、裏開催が無ければ到達する数字なので、何とかクリヤー出来る様に微力乍ら全力でコンドル紙を作成して、私のファンにドンドン車券を購入して貰える様に頑張ります。
4日間を通して狙って欲しいのは、山信田学・月森亮輔・小玉拓真・守澤太志・佐藤幸治・鈴木謙太郎・二藤元太・小島歩・紀井孝之。夜は小倉ナイターの初日こっちも全力で頑張ってます。


台風7号の影響で小倉ナイターは順延に成り、4日初日で6日迄の開催。これで奈良FⅠの3日目が小倉の初日に成り、小松島記念の前検日とも重なりました。
私は福岡―徳島の午前の便が無く成った事で、新幹線で岡山迄行き、そこからマリンライナーで高松まで、そこでうず潮号に乗り換えて徳島に行く事にしました。
昼間は小松島記念で夜は小倉ナイターのダブルヘッダー、日射病で倒れない事を祈り乍ら頑張る決意、応援して下さい。

平成30年07月01日

平成30年7月1日
宇都宮記念の最終日は、ブフリと中川誠一郎の半端無い2人が圧倒的パワーで期待に応えてくれた事でスッキリしてます。
中川誠一郎は区切りの400勝を記念Vで決めた事で、次は平オールスターを獲って10月熊本記念の優勝、現在の勢いならやってくれるのでは。応援してる私には凄く喜ばしい事でした。
明日からは奈良のFIで、次の日は小倉ナイターFIのスタート。休まず小松島記念が私の殺人スケジュール。
去年やった日射病そして持病の糖尿病が悪化しなければ全てこなす積もりですが、これからは体力勝負に成ります。