HOME>競輪歴54年のコーナー

競輪歴54年のコーナー

平成年  月 

平成30年10月20日

平成30年10月20日
美智子皇后様84歳の誕生日に、久冨久貴の引退発表会が久留米競輪場の特設ステージでヒロシの独演会の後にありました。
36年間の現役生活お疲れ様でした。苦楽を共にされた奥様と2人の子供は各々に伴侶を従えての舞台に登場。長女は3人の子供にお腹には4人目が、
長男は東京で警察官をして機動隊勤務で、嫁さんと一粒種を連れて駆け付けて親父に感謝の言葉を、久貴の眼には涙が、、
第二の人生はハローワークに通って探してるそうですが、誠実なので、きっと奥さん孝行するものと信じてます。
そして各新聞記者に熱心なファンも、大勢が見守ってのお別れ会は感動ものでした。

平成30年10月19日

平成30年10月19日
熊本記念(久留米)の2日目は、裏で5場も開催されて、ウィークデイと言う事もあり、8億~9億かと思われたのに、年金効果と関係者の熱意もあって10億を越える大健斗。2日間で20億4千万は成功とは言えない迄も土・日で14億・19億なら目標の53億に達す計算。そこ迄行かなくても50億はが願いです。3日目・4日目も私の早朝解説会はやります。記者仲間が桜に成ってくれる事で大いに盛り上っているのが売り上げに反映すれば幸いですが。
3日目の狙い選手は、
2R、鈴木謙二を少々。
3R、執念の小沼良。
4R、怒りの下岡優季。
5R、堀僚介に夢よもう一度。
6R、三登誉哲の連対。
7R、熊本出身、坂口晃輔。
8R、中村浩士の総合力。
9Rは、3日目こそはの中西大。
10R、古性優作に行ける小倉竜二。
11R・12Rは本命で決まらないと熊本記念が困ります。
そして夜遅くは小倉ミッドナイト(岸和田開催)の初日、こっちの方は何時も通り全的を狙って、しっかりした予想をしてるので大いに利用して下さい。

平成30年10月18日

平成30年10月18日
熊本記念の初日は秋晴れの絶好コンディションの中で激しいバトルが展開されました。穴党ファンの度肝を抜くビッグ配当、3連単、89万円が7Rで飛び出し、9Rは34万強は大い成る宣伝に成ったのでは。特選3個は中川誠一郎は人気に応えましたが、平原康多は危険を回避した事で3着に甘んじましたが、無事に優秀戦進出。売り上げは裏で福井FⅠが開催あったのに10億を越えたのは関係者(施行・競技会)の熱意が功を奏したもの。この勢いで2日目は11億を目指します。
私の解説会は記者仲間が大挙して桜に成ってくれた事もあり盛況でした。狙った選手、三登誉哲・堀僚介の1着は大ヒットだったでしょう。この流れで2日目以降もヒントを。
1R、連佛康浩の2・3着。
2R、古川宗行・石川裕二の表・裏。
3Rは、「ケン」。
4Rも「ケン」。
5R、大西祐。
6R、三登誉哲。
7R、福岡コンビ。
8R、堀内俊介。
9R,「ケン」。
10R、「ケン」。
11R、「ケン」。
12R、中川誠一郎の番手捲りです。
そして明日は小倉ミッドナイトの初日、こっちも全力で頑張ってるのでコンドルを片手にドンドン車券を購入して下さい。

平成30年10月17日

平成30年10月17日
熊本記念(久留米)の前検日、昨年は台風に悩まされましたが、今年の天気予報は4日間秋晴れのグッドコンディションとか。前検当日に欠場する不届き者は居ませんでしたが、この時期に17人が入れ替わる異常事態。それでも静岡GPをほゞ決めてる平原康多は熊本は大地震で復興に大変な事もあって出場してくれます。地元代表の中川誠一郎、昨年の覇者、古性優作が3本柱。番組の努力で特選3個はマンネリを打破せんとの工夫が、しかし予選は相も変わらずがファンに受け容れられるか、他所の記念だったら「ダメかな」と言いたいですけど、熊本記念であれば売れて貰わねば困ります。JKAの協力で宣伝だけでなく熊本から久留米迄の無料ファンバスを4日間運行との事。目標の53億は厳しくても50億は越えて欲しいが本音。そうしないと2年後の再開が再び暗礁に乗り上げる事に成る恐れも、そう成らないためにも新聞だけでなくホームページ、そして初日から朝10時前から1Rの発売迄やる早朝解説会で頑張りますので、車券購入で協力して貰えれば幸せです。
初日のヒント。
1R、小倉コンビ。
2R、本多哲也。
3R、森川大輔。
4R、佐川翔吾。
5R、小林令。
6R、三登誉哲。
7R、吉本哲郎。
8R・9Rは本命。
10R、新山響平・古性優作の両立。
11R・12Rは本命が私の狙い。
高配当は100円の豆券で楽しんで下さい。

平成30年10月16日

平成30年10月16日
松戸記念の最終日は11R走る予定の山崎芳仁が急遽欠場しましたが、心配された落車に失格はゼロ。優勝は魂のスター村上義弘が乱戦を見極めて捲り炸烈。静岡グランプリ出場に花を添えました。
さあ、明後日から熊本記念(久留米)。最近は欠場が多くて番組は大わらわ、今日も出て17名と思ったら、仮番が出た後に松戸で誘導していた亀井久幸が腰を痛めて欠場した事で、
これから流用で一人探すとの事。すでに流用は松戸を走っていた吉本卓仁が入る一大事。組み替えは必至、何となく波乱の予感が、それでも特選3個は手堅い番組が。ファンに受けるかどうかですが、年金効果に期待する事にします。

平成30年10月15日

平成30年10月15日
ルールに制度が改善されない事で熊本記念(久留米)は大ピンチ。平原康多に次ぐ話題の超ルーキー山崎賢人が腰痛を理由に欠場届を出しました。絶好調の柴崎淳も。前橋寬仁親王牌の落車で大怪我をした桑原大志・阿竹智史は仕方ないにしても山崎と柴崎は大きな痛手。
山崎は新人だから、どうしても後を固める先輩のために誘導早期追い抜きは避けられず、スタートで前を取る事も許されないので寬仁親王牌の1次予選でスタート牽制で重注2個、今月中にもう1回スタート牽制したら選手生命を奪いかねない、京都は黄檗山の禅修行(5泊6日)。この間は粗食に耐え、運動する事も許されないでは。車券の対象に成ってるプロ選手にこんな事を強いてはダメでしょう。知らないで車券を買われるファンには大問題。
そして1期間に事故点が90点を越えたら5泊6日の競輪学校違反訓練。これは一応食事はまともで練習は軽くやれるとの事ですが、行きたくないのは選手心理。そして直近4ヶ月で120点に達したら4ヶ月後に1ヶ月の斡旋停止。山崎は目下100点で、もし重注を2個付けたら来年2月の別府全日本選抜が自粛に成るで、熊本記念を回避したものと思われます。
これも7月に走った小倉ナイター決勝で後のために事故点を付けて早駆け、力尽きてゴール前で内線を切り、戻らなかったで失格(マイナス30点)、来月にはこれも消えるでの事情も。誘導早期追い抜きの重注マイナス10点と先行屋が戻れない内線のルールはナンセンスでしょう。
競輪界は特別・記念が大不振でニュースターを渇望してる時に新人がちゃんとしたレースをやれないルールにしてどうするんですか。

平成30年10月14日

平成30年10月14日
千葉記念(松戸)は年金前がこゝ迄影響するとは、日曜なのに信じられぬ売り上げに成りました。3日目は待望の支給日ですが何せ平日、そこ迄望めないのが実情では。この低迷はそれだけで無い気がします。競輪そのものゝ人気がガタ落ちしてる現実をJKAの上層部はどう思ってるのか、これは本当に危機です。この仕事を60年近くやって来た「私」は怒りしか、早く改善・改革を断行すべき、そうしないと下げ止まりは永遠に来ない様な気がしませんか。
私の予想は冴えまくってるので、3日目もヒントを。
1R:雨が降らなければ久木原洋
2R:関東で独占
3R:今度こそ久米康平
4R:酒井拳蔵
5R:佐藤幸治
6R:島川将貴
7R:巴直也と伊藤勝太
8R:中島将尊
9R:加賀山淳
10R:諸橋愛
11R:山崎芳仁と北津留翼
12R:鈴木裕です。
そして今夜はミッドナイトの初日、こっちは全的しか狙ってません。

平成30年10月13日

平成30年10月13日
松戸記念の初日は年金支給前と言う事もあって大都会の場なのに競輪場は正面の大スタンドは10人ぐらいしかバックからは見えない悲しい現実。土曜で裏開催はFⅡが3ヶ所しか無かったにしては10億ちょいは余りにも悲しい売り上げ、これでは日曜もそこ迄期待出来ない上に落車が続いて10人が欠場する一大事、何とか7人補充を入れても失礼とは思いますが、とてもじゃないが連に搦める選手で無い選手ばかりでは。8車立が3個ですが、これなら補充を入れず7車立5個レースでも良かったのでは。そんなこんなで盛り上がらない2日目の一般戦のメンバーにしているのをファンが受け入れるかどうか、その他のレースは大混戦。こっちの方は私的には大歓迎、自信はあります。
明日は小倉ミッドナイトの初日、こっちは弟が頑張ってるので、私はサポートに専念する事にしてます。
そこで千葉記念の狙いは、
1Rは、才迫開ー柳谷崇で大本命。
2Rは、岸澤賢太の捲り。
3R、野口裕史の調子は不透明なので観るレース。
4Rは、人気の河村雅章より九州勢。
5Rは、久米康平・小川圭二の本命戦。
6Rは、山岸佳太。
7R、福田知也。
8R、これは「ケン」。
9Rも「ケン」。
10・11Rは、見送り。
12Rは、山崎芳仁の捲りが狙い。

平成30年10月12日

平成30年10月12日
千葉記念(松戸)はGⅠ寬仁親王牌から中3日の開催と言う事もあり、主力は疲れの色が。参加していない選手は元気ハツラツでした。
脇本雄太がGⅠ連覇した事で、このまゝなら賞金でGP出場は5名。競輪祭をほゞ決めてる新田祐大・三谷竜生・脇本雄太・平原康多・浅井康太・村上義弘・村上博幸の中の一人が獲れば後2人出られる計算に。一番手は武田豊樹で原田研太朗・渡邉一成の順番。青森記念から調子落してる原田研太朗は本当の意味で正念場、競輪祭迄は気を抜けないレースが続く事に。本人はその事を自覚していたのは事実。
前橋に似た3・3ですが、追い込みが効くのは車券的には妙味かと。心配はこゝのバンクなので大量落車。これだけは避けられない事故。
初日の狙いは、
1R、中島将尊の3連対
2R、野口裕史
3R、高木翔
4R、山本健也
5R、鈴木裕
6R、戸田康平
7R、山岸佳太
8R、福田知也
9R、石川コンビ
10R、原田研太朗
11R、稲毛健太
12R、北日本コンビ

昨日迄は別府のFⅠオランダ王国友好杯。ガールズは児玉碧衣の3連勝でA級は後競りを利用した格清洋介が1・2班戦初優勝。S級はブフリが考えた運行で3連勝。マークの小川真太郎はブフリの動きに付いて行けず吉田拓矢―岡光良の2・3着。もう一人の主役、ボスは風邪で体調崩してたとの事で準決はビサ負けの5着で、最終日は後が離れた事で地元の大野悟郎に抜かれて2着に成り、大きな配当を提供しました。私も2車単○◎で7180円の配当なんて初めて、的中とは言えませんよね。
現在は千葉記念in松戸に来てます。大本命の三谷竜生は寬仁親王牌の時に家で不幸があったと言う事で残念乍ら欠場した事で又しても売り上げは厳しく成りましたが、目標は年金支給日が3・4日目と言う事もあって54億との事です。
次の熊本記念in久留米は早朝10時頃から1R発売迄、私の解説会が予定されてます。暇とお金が欲しい方は是非ご来場の程を。

平成30年10月08日

平成30年10月8日
前橋寬仁親王牌の決勝は三谷竜生が脱兎の如くスタートを取り、脇本雄太が前受け、青板からチンタラ上昇した渡邉一成を猛然と突っ張るや、鐘前からカマシに来た清水裕友―柏野智典を踏んで出して3番手をキープしたのもこれ全て力あっての事。2コーナーから捲りに行くや、追走三谷、そして切り替えていた平原康多の力を持ってしてもどうにも成らず、アッサリGⅠ連覇を成し遂げました。終わったらすぐにナショナルチームに戻り、これからは東京五輪に向けての闘いが始まるとの事、次に日本の競輪を走るのは来月の小倉競輪祭、走ってくれる事を約束してくれました。平原康多はオールスターの前に「現在は脇本一強時代なので、あいつを目標に頑張るだけ」と言わしめたのも頷ける内容に結果でした。2車単380円、3連単1600円の断トツ人気はこれ全て脇本の走りを認めたファンが信じて投票したからの事。
脇本だけでなく今日は山崎賢人・南潤・新山響平・渡邉雄太そして清水裕友が実に良いレースをしてくれました。やっと競輪界に世代交代の時がやって来た様です。113期にも予備軍が続々、久し振りに明るい話題を提供してくれました。

小倉ミッドナイトの2日目はドームの電気系統の不具合で中止順延に成り、今日がやり直しの2日目。枠番を1番・2番が入れ替わってますので、今日のメルマガ(コンドル)で購入して下さい。
そして明日は別府FⅠオランダ王国友好杯の初日。A級5個、ガールズ2個、S級5個、10Rにブフリ、11Rはボスのオランダ人アスリートが走り、特選は吉田拓矢・小川真太郎・岩本俊介・中西大の自力型の競演、この4人が外国人に挑む2日目からの闘いに注目。ガールズは女王、児玉碧衣が登場する3日間。
情報は息子が行ってるのでバッチリ、楽しみにして下さい。

平成30年10月06日

平成30年10月6日
前橋寬仁親王牌の2日目は初日が平隠だったので、このまゝ行って欲しいと願ってたら2日目は落車・失格のオンパレード。やっぱりこゝのバンクでGⅠをやるならJKAが力を入れてる7車立の大会にすべきでは。12Rを15Rぐらいにして時間を短縮すれば違う楽しみが、間違いなく落車は減ると思います。売り上げは予想通り土曜日なのに16億ギリ、2日間で30億5千万とは情無い限り、3日目は準決勝ですが、マンネリとしか思えないライン大事の組み合わせに、ファンがドーンと勝負してくれるかに成れば甚だ疑問。最低でも20億は越えて貰わないと困ります。
2日目は落車にビビる選手も多くて、それ処でなかった選手もチラホラ。3日目もしっかり取材はしたので売り上げアップに朝のニコ生に出演します。楽しみにして下さい。
そして夜は小倉ミッドナイトの初日、その前に前橋の3日目のヒントを。
1R、自力の吉田敏洋。
2R、神山拓弥。
3R、山賀雅仁。
4R、山田久徳。
5R、阿竹智史。
6R、郡司浩平。
7R、小林大介。
8R、木暮安由。
9R、新山響平。
10R、渡邉雄太。
11R、脇本雄太。
12R、中川誠一郎と平原康多。

平成30年10月05日

平成30年10月5日
前橋寬仁親王牌の初日は、8割が本命サイドで決まったのに本命党は敬遠したのか、売り上げはGIなのに15億を割るとは世も末としか。2日目からの3連休で何処迄行くか大いに期待したい処ですが、裏切られるのがオチなので、やっぱりダメかと思う事にします。この原因を作ったのはJKAのトップと日本選手会、そして選手の事を考えない制度にルールとはっきりしてるのに、どうして思い切った改革をやらないのか、信じられません。若手を育て、ファンが喜ぶ制度は幾らでもある筈、目を醒まして下さい。
初日に目立って良かったのは渡邉雄太・取鳥雄吾・清水裕友・和田真久留・山崎賢人・渡邉一成・脇本雄太・平原康多、素晴しい出来でした。2日目は朝1レースの前にニコ生に出演する事に成りました。明日と明後日の2日間、時間がある方は是非観て下さい、有意義な事を喋りますから。
初日が冴えなかったので2日目は挽回する意味でヒントを
1R:休養充分の金子幸央
2R:佐藤博紀
3R:雨谷一樹
4R:佐々木豪
5R:郡司浩平
6R:原田研太朗
7R:天田裕輝と松浦悠士
8R:古性優作
9R:清水裕友と守澤太志
10R:渡邉雄太
11R:新山響平と井上昌己
12R:中川誠一郎と平原康多
そして明日は小倉ミッドナイトの初日、こっちも全力で頑張ってますのでよろしく。

平成30年10月04日

平成30年10月4日
前橋寬仁親王牌は欠場するかもと心配された一人横綱の脇本雄太が出場しただけで高知共同杯みたいな事は無く、最低でも70億は越えるのではの期待が。一応今回も2日目からは3連休。メンバーは全プロの成績で出場してる参加する事に意義ありの選手が5・6人居ますが、お帰りが無いのでラインのために4日間逃げるのは番手捲りのレースが必ず何個かあると言う事で売り上げ的にはプラス。
四国のホープ2人が欠場。太田竜馬は車と車の事故で頸椎と腰椎を痛めたからとの事。松本貴治は針治療で針が肺を傷つけ、肺気胸に成ったとの事とか。この2人が居ないのは残念ですが、他の選手は皆元気一杯。
売り上げが上がる様にヒントを。
1R、横山尚則の捲り単。
2R、人気の福島コンビより神奈川コンビ。
3R、吉澤純平。
4R、郡司浩平。
5R、北日本コンビ。
6R、清水裕友。
7R、天田裕輝の単。
8R、南関コンビ。
9R、山崎賢人から渡部哲男。
10R、木暮安由。
11R、脇本雄太で不動。
12R、河端朋之を得た中川誠一郎。